スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノを習う際の一つの参考に…

新年度が始まって、少し落ち着いてきた頃でしょうか。


ここのところ、当教室も新規入会のお問合せや、

体験レッスンのお申込みを、続々といただいております。


ありがとうございます。



お子様にピアノを習わせたい、

もしくは、お子様がピアノを習いたい…と言ったとき、

習い始めるタイミングについて、

悩まれる親御さんも多いかと思います。



もちろん、そう思ったときがその子にとってのベストなタイミングなのでしょうけど、

やはりピアノが上手な子とそうじゃない子の違いとか、

才能だけじゃない部分で差がつくなら、

知っておきたいのが親心ですよね…?!



教師側から見ても、もっと早く習い始めれば良かったのに…

と思うこと、よくあるんです。



以前にも、似たような記事を書いたかもしれませんが、

今回は、これまで私が教えてきた生徒さんたちのデータと共に、

皆様からよくいただくご質問について、

私なりの考えをまとめてみました。



☆ピアノは何歳で始めるのがいいのでしょうか?

ピアノを習い始めた年齢(当教室データ)
・3歳…10%
・4歳…16%
・5歳…19%
・6歳…18%
・7歳…21%
・8歳…5%
・10代…6%
・20代以上…5%


5~7歳で始める方が多いのですが、

3~4歳で始める方も意外と多い気がします。


7歳以上で始めた方の動機は、

周りのお友達で習っている子がいて、

それを見て自分も習いたくなった…という方がほとんどです。


でも、6割以上の方が、就学前に始めています。



3~4歳で始めるメリットは、耳が育つ時期なので、音感やリズム感が身に付きやすいこと。


この年齢で始める場合には、

言葉の理解力(コミュニケーション能力)や練習量によって差はありますが、

簡単な曲を数多くこなすことで、

進みはゆっくりですが、しっかりとした土台を作ることができます。



5~6歳で始める場合は、耳が出来上がるギリギリの年齢なので、

それまでに音楽にどれだけ触れてきたかにもよりますが、

音楽が好きな子には一番良いタイミングかもしれません。


しかし、それまであまり音楽に触れてこなかった子は、

そこから音感やリズム感を育てることになるので、

少し遅いかもしれません。


ただ、ピアノを弾くことだけに限って言えば、

3~4歳に比べて理解力もあるので、

練習次第ではどんどん弾けるようになる時期です。



7歳以上になると、既に耳が出来上がっていますので、

本人の努力次第…ということになります。




☆ピアノを始めて何年くらいで曲が弾けるようになりますか?


よくいただくご質問です…笑

漠然としすぎていて、お答えに困るのですが、

例えば「エリーゼのために」なら早い子で2~3年、遅い子だと7~10年。


ピアノは日々の練習の積み重ねですので、

毎日コンスタントに練習をしている人と、

週に2~3回しか練習しない人やほとんど練習しない人とでは、

大きな差が生まれてしまいます。


また、ただ弾けるだけなのか、上手に弾きこなせるのか。

そこもやはり練習量の差が出ます。



当教室の生徒さんで見てみると、

毎日練習する人としない人では、一年で既に差が出ます。

途中でスイッチが入って練習するようになればいいのですが、

そのままずっと練習をしない人は、

5年経ってもほとんど上手くなりません。



途中からでも練習するようになれば、

それなりに弾けるようになり、

10年もすれば、練習しなくてもすぐ弾けるレベルになれます。


6年以上続けている生徒さんは、

学校でも合唱の伴奏で活躍したり、

自分で好きな曲をどんどん弾いて楽しめるレベルになっています。



しかしながら、残念なことに5年未満で辞めてしまう方も多いのが現実。


受験やら進路によっては、やむを得ずなのかもしれませんが、

やはりピアノの楽しさは最低5年、

いや10年くらい続けないと味わえないものなのです。


それを分かった上で、さらに…


毎日練習をする覚悟も必要です。



ピアノは習えば誰でも上手になるものではありません。


どれだけ練習したか、どれだけ音楽と向き合ったか…が大事です。


その上で、どんなレッスンを受けたか…で変わります。




☆本当に良いレッスンとは、どのようなレッスンなのでしょうか?


私は他の教室から移ってきた生徒さんや、

他の教室の発表会などで出逢う生徒さんを見ると、

その子がどのようなレッスンを受けてきたのか、だいたい分かります。



また、習い始めて1~3年で、既に挫折しかけている他の教室の生徒さんから、

ご相談を持ちかけられることもよくあります。



「ピアノは好きだけど、レッスンをやめたい」

「練習が大変で、ピアノが楽しめなくなっている」

などなど。



そもそも、ピアノは練習しなくてはいけないものであることは大前提なのですが、

その前に正しい弾き方がわかっていなければ、

練習しても意味がありません。



正しい弾き方ができていないから、

練習してもなかなか上手くならないのです。


正しい弾き方というのは、身体の使い方です。


いくら指が動いても、身体のどこかに力が入っていたり、

無理な姿勢で弾いていたら、

必ず身体を痛めたり疲れたりします。



そこを突き止めて、まずそこを改善していかなければ、

全ての解決にはならないのです。


そこを見て見ぬふりして、

とにかく曲を仕上げることだけを目的にしたレッスンでは、

いつかどこかで行き詰まるのは当然のこと。


いくら練習したって上手くならないのは、

才能がないからでも、練習が足りないからでもありません。


そのような指導では、長く続ける上で必ず限界がきてしまうと思います。



私は、どんなに小さな子供でも、趣味で楽しむ程度のレベルでも、

正しい弾き方(身体の使い方)をきちんと教えるべきだと考えています。


正しい弾き方はすぐには身に付きません。


でも、間違った弾き方と正しい弾き方の違いがわかり、

身体の感覚と音が変わることがわかると、

誰でも正しい弾き方で弾こうとします。


そのコツがわかってからの練習は、

確実に進歩していくから、どんどん楽しくなっていくのです。



そして、もうひとつ大事なこと。

楽譜は自分で読めるようにすること。

これが意外とできていない先生が多いことに、愕然とします。



時間はかかりますが、とにかく自力で読ませること。


1年経って読めなくても、5年も経てば必ず読めるようになります!

面倒くさいからといって諦めて先生が読んでしまったり、

ドレミを書いてしまうのは、絶対NG!!

とにかく読ませる!先生と一緒に読む!!

しつこいと言われても、読ませる!!笑



ピアノがスムーズに弾けないのは、ほぼ9割、音が読めていないから。

弾く前に、一度もつっかえずに読めるようにしてから弾いてみると、

一発で間違えずに弾けたりするんですよ~!!


それくらい、読む(歌えるくらいまで)って大事!!


そしたらつっかえながら何度も何度も弾かなくたっていいんだよ~

めっちゃラクやん♪楽しいやん♪


つって、結果、「だから、読もうね~」って上手いこと持っていく。笑



それからね、みんな同じ…はダメです。


みんな同じレベルを目指す…例えばコンクールで全員予選突破とか、

みんな同じ教材を使って、

発表会ではだいたいいつも同じ曲がプログラムに並ぶとか、

つまらなくないですか?笑


音楽って、そんな単純なものじゃないはず。


一人一人、性格も好きなものも生きるスピードも違うのに、

どうして同じ枠に収めようとするのでしょう?


もちろん、ベースはしっかりと、ぶれずに身に付けさせなければならないけど、

ベースがないのにコンクールとか…

順番違うよね。



それと、ただの音の羅列が音楽だと思わせちゃダメ。


音楽って、言葉と一緒で、一つ一つの音には何の意味もなくて、

複数になって初めて意味を成すものなのです。


そして、言葉にもアクセントやイントネーションがあるように、

音楽にも様々なアーティキュレーションがあります。


その捉え方や表現の仕方によって、

音楽は様々な色彩が生まれるのです。


特に感性豊かな子供たちには、

音楽にはそういった無限の楽しさや奥深さがあることを

知って欲しいのです。



同じことばかり繰り返す練習や、

間違えずに弾かなきゃいけない息苦しさや、

みんなと同じレベルを目指すのが音楽だなんて、

絶対に思わせてはならないと思うのです。



音楽は芸術。

芸術は、人の心を動かす何かがなければならないはず。

上手いから感動するとは限らない。

下手でもぐっとくる何かがあればいい。



そしてそれを引き出すことが、先生の役目でもあり、

そういうレッスンが、真のレッスンなのだと思います。



はぁ~~~語りだすと止まりませぬ。笑


長くなってしまい、なにを伝えたかったんだかよくわからなくなってます…(^^;)



ちなみに、他にも独自のくだらないデータが…笑


☆何歳で習い始めると、長続きする…?!

5年以上続けている生徒さんの半数以上が、5歳で始めた生徒さんでした!

あ、確かに私も5歳で始めてま~す♪



☆何月生まれの子が、才能アリ…?!

ズバリ、6月生まれ!!

なんの根拠もないのですが、当教室の6月生まれの生徒さん、

なぜか皆さん才能を感じる方々ばかりなのです。

習い始めたばかりの時から、

他の子とは違う賢さと豊かな感性を感じるのと同時に、

色々な意味で器用な子が多い気がします。

羨ましい限り!!



☆ピアノが上手いとモテますか…?!

よく「ピアノが弾ける男子はカッコいいですよね!」

って言われるんですけど、

私は「私より上手ければ…」って思ってます!笑

弾けない人から見れば、弾けりゃあ誰でもカッコいいのか…??

いや、やっぱそこも「ただしイケメンに限る」…かな?!笑

ちなみに女子はピアノ人口多いので、残念ながらピアノ弾けるからモテるってこともない。



☆ピアノを習っている生徒さんの男女比は?!

2:8です(当教室データ)。


男子比率、まだまだ少ないですが、

東大生や医大生の多くがピアノを習っていた経験があったり、

ピアノを習うと頭が良くなるとか言われていますので、

ピアノ男子、もっと増えるといいなぁ~!!



だんだんと話が脱線していきそうなので、

今日のところはこの辺で…



ここに書いたデータは、当教室独自のものですので、

あくまでも参考程度にお読みいただければと思います。



最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。