ルノワール展へ♪

国立新美術館で開催中の「ルノワール展」へ行って来ました。



子供の頃から、絵を描くことや塗り絵をするのは好きな方で、

実は学校の成績も、音楽より美術の方が良かった私です…(^_^;)



でも、美術館へ足繁く通うようになったのは、大学生になってから。



しかも、大学の課題で単位を取るために、仕方なく…。



クラシック音楽を勉強していると、

やはり絵画とは切っても切り離せない関係で、

同じ時代の芸術作品には、その時の流行や手法など、

似ている部分も数多く、

そんなことを知れば知るほど、

絵画への興味も次第に強くなっていったのでした。



そして、だんだんと作品を観る眼も変わってきた気がします。



絵画の価値だとか、技術的なこと、上手下手は正直よくわかりませんが、

作品を観たときに感じるインスピレーション的なものは、

どんどん鋭くなって、

(例えば…私は絵画を観ると、音が聴こえたり、風や空気を感じます。)


あぁ~、感性が磨かれるってこういうことなのかな?…と。



で、私が特に好きなのは、印象派の時代の作品で、

中でも、モネとルノワールが大好き♪



あの柔らかな光と色彩とタッチが、幸せをくれる!



今回の「ルノワール展」は、

パリで訪れることができなかったオルセー美術館所蔵の


「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」

「ピアノを弾く少女たち」

「田舎のダンス」

「都会のダンス」


などの観たかった作品が目白押し!!






「ピアノを弾く少女たち」(写真左上)は、

先日行ったエルミタージュ美術館(ロシア)で

そのスケッチ↓を観たばかり。





そして、「ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル」(写真左下)は、

以前、ブリジストン美術館(東京)に来たときにも観た作品。



大好きな作品に、人生で何度も出逢うことができて、

あらためて、世界が繋がっていることや、

本当に心から求めているものは自ら引き寄せることができること、

目には見えない不思議なチカラを感じます。



本当に幸せな時間でした💕



次(来春)は、待ち焦がれていたミュシャが来るそう!!



こちらも、ずっと観たいと願い続けていたら、

引き寄せちゃったみたい。笑



楽しみ楽しみ~♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード