スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記 part4

いよいよ待ちに待ったパリ観光に突入

パリジェンヌに憧れ続けて20年…(笑)いつかパリへ行くことを夢見てフランス語を履修した大学時代…。そしてフランス語を聞きたくて、パリのイメージを感じたくて、沢山のフランス映画を見続けた日々…。

ついについに、来ちゃいました~~~



まずは、世界遺産 『ヴェルサイユ宮殿』

DSC00302_convert_20110924005337.jpg

宮殿入口の金色に輝く門が、既に豪華さを醸し出しています。


DSC00312_convert_20110927233224.jpg

天井画のヴィーナス


DSC00327_convert_20110924005556.jpg 

全長73mにも及ぶ、鏡の回廊。


DSC00338_convert_20110924010111.jpg

王妃の寝室。壁紙やベッドカバー、椅子などすべてが薔薇模様 素敵~


DSC00347_convert_20110927234837.jpg

マリー・アントワネットの肖像画。


ため息が出るほどの豪華絢爛さ… すべてが芸術作品といっても過言ではない緻密さと美しさ。やはりヴェルサイユはこの上ない輝きを放っていました~




そして午後は、この旅で初の自由行動!!

でも…行きたい所は山ほどあるのに、明らかに時間、足りない。。。

私、、、パリといえばショパンが活躍した場所でもあるので、“ショパン巡り” をしたかったのです

とりあえず、お墓参り…?!というわけで、メトロに乗って 『ペール・ラシェーズ墓地』 へ。墓地はすぐに分かったんだけど、墓地の中が広すぎて、迷子

たまたま通りかかった観光客らしき外国人のご夫婦が、墓地のmapを持っていたので、「Excuse me...」 と声を掛け、「Do you know Chopin's place?」 みたいな感じで聞いてみたら、「Oh~!! Chopin?!」 と自分たちも行ってみたいから一緒に探そうと言ってくれて(←たぶん)、なんとか見つけることができました~ なんて優しいご夫婦なんでしょう…Thank you so much

DSC00365_convert_20110927235107.jpg

沢山のお花が飾られていました お墓の上に建っている 『嘆きの天使』 が、ショパンに優しく寄り添っているかのようでした。



DSC00369_convert_20110924011235.jpg

近くには、オペラ作家ベッリーニのお墓もありました。




再びメトロに乗って、モンマルトルへ。

まずはモンマルトルのシンボル、『サクレ・クール寺院』 です。

DSC00373_convert_20110928000320.jpg

モンマルトルは治安が悪いことでも有名で、ガイドさんからも「スリに注意して!」…と散々脅されていたのですが、このサクレ・クール寺院の周辺も、アフリカ系の黒人がそこら中に座り込んでいたり、怪しげなブランド品を売っていたりして、終始ドキドキしながら歩いていました… (意外と小心者です


DSC00377_convert_20110924012027.jpg

丘の上までひたすら歩いて上りましたが、さすがに息切れ…でも、振り返ると、、、パリの街が一望できて、素晴らしい眺め!!


DSC00379_convert_20110924012536.jpg

ここにもメリーゴーランド そして、なぜか全身金色の人…。


丘を下りてきて、気付いた!!テルトル広場に行くのを忘れ、映画 『アメリ』 に登場するカフェや 『ムーラン・ルージュ』 の方にも行こうと思ってたのに、方向間違えた~~~ スリのことであまりにも頭が一杯で(←どんだけ心配性なんだか…)、サクレ・クール寺院だけですべてがすっとんでしまった私なのでした~

戻りたかったけど、次に行く美術館の閉館時間が迫っていたため、断念。。。

もうちょっと 『アメリ』 を感じ、モンマルトルを満喫したかったな~



気を取り直して、そこから20分程歩いたでしょうか。途中、作曲家ビゼーの住居跡を通りつつ、『ロマン派美術館』 へ。

DSC00385_convert_20110924013018.jpg

とても素敵な佇まい もとは画家アリ・シェフェールのアトリエ住居。政治家や芸術家たちを招き入れるサロンには、ドラクロワやショパン、ジョルジュ・サンドなどが常連として招かれていたそう。


DSC00383_convert_20110924012819.jpg

ショパンやジョルジュ・サンドゆかりの品が展示され、ショパンの音楽が流れる中、とても静かでゆったりとした時間を過ごせました。


そしてそこから程近い所に、ショパンとジョルジュ・サンドが住んでいた家がありました。ここからサロンに通っていたのですね~。

DSC00386_convert_20110924013211.jpg


DSC00387_convert_20110924013427.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。