スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充実♪

昨日は、仕事前に我が家で友人と連弾の合わせをしました


でもその前に、腹ごしらえ…

moblog_144c6b32.jpg



オムライスとサラダを作りました~ カフェごはんちっく

最近、私の料理熱に火がついてしまったみたいで、色々新しいレシピに挑戦中です



お腹いっぱいになったところで、合わせ開始…

前回ホールで合わせてから約1ヶ月ぶりでしたが、そんなに練習できてなくて、反省

でも、合わせるタイミングやペダルのタイミング、手がぶつかる箇所などをじっくりと細かく確認できたので、とても充実した合わせでした


合わせる度にどんどん楽しくなっていき、その音楽の魅力にハマっていく自分がいます。久しぶりに感じる、心の底から湧いてくる大きなエネルギー。少し前まで、やりたいことがあり過ぎて何をしていいかわからなくなっていた私。今なら全部できそうなくらい…(笑)

ある人の、些細な言葉がきっかけで、頑なだった私の気持ちを少しだけほぐしてくれたような。。。自分では気付かぬ感情に気付かせてもらって、自分を取り戻せたり、新たな一歩を踏み出せたり。

自分に起こる出来事は、すべて偶然のようで必然で、あとで気付くと全部繋がっていたりするものなのよね。宇宙の不思議…


充実した合わせの後は、友人が持ってきてくれたロールケーキで、ほっこりタイム

moblog_f1b0532e.jpg



美味しいものを食べると、自然と笑顔になり、幸せな気持ちになります!!食いしん坊万歳

スポンサーサイト

最近の休日

最近ゆっくり過ごせる休日があったので、久しぶりにまともな料理を作りました~

moblog_c4393ca3.jpg


moblog_5891d732.jpg



それから、
moblog_2887f89c.jpg


お花を買って飾ってみたり、、、


moblog_4f1865fc.jpg


以前、生徒さんから頂いたハーブティーを飲んだり。。。


自分のためだけに時間を使えるって、究極の贅沢というか。小さなことなんだけど、じんわりじんわり、幸せだな~って噛みしめられる時間です。


moblog_542618cd.jpg


頑張ったな~!ってときだけ買うことにしているハーゲンダッツ 自分へのちょっとしたご褒美 これも、なかなか美味しかった~



そして今日は、ずっと気になっていた窓掃除をしました

ピカピカになった窓からは、夕陽に染まるオレンジ色の木々が一段と綺麗に見えました

moblog_c791ccb7.jpg


ちょうど一年前、初めてこの部屋を見に来た時のこと、思い出しました。

一年って、早いなぁ~

「練習」という壁

ピアノを習う練習しなければならない…という壁


子供の頃にピアノを習っていたけれど挫折してしまった…という経験のある方、その多くが「練習するのが嫌になった」「練習する時間がない」 というのが理由だったのではないでしょうか

そして、現在ピアノを習っている子供達の中にも、練習するのが面倒だったり、ついつい練習するのを忘れてしまったり、言われてもなかなか練習しようとしない子が沢山いるのではないでしょうか

毎日きちんと練習している、そしてピアノが本当に好きで好きでたまらない…という人間は、弾いていないとなんか変、毎日弾くのが当たり前になっているので、逆に弾けない日があると弾きたくてうずうずしちゃうくらいなのに。。。


私の生徒さんの中にも、きちんと練習ができる子と、そうでない子と、わりとはっきり分かれています。

習い始めの頃は、ピアノへの憧れと弾けることの嬉しさで、どの子も張り切って練習してくるのですが。。。

では、その分かれ道は一体どこにあるのでしょうか


それは、 「毎日の生活のどこにピアノを練習する時間を設けるか。それをはっきりと決めているかどうか」にかかっているように思います。

毎朝起きて、顔を洗って、ごはんを食べて、歯を磨いて…、学校から帰ってきたら宿題をやって、ごはんを食べて、お風呂に入って、歯を磨いて、寝る。。。こういった生活習慣は、いちいち意識しなくても毎日できるわけですから、ピアノの練習も同じように習慣にすれば良いだけの事なのです。

毎日練習しているという素晴らしい生徒さんに共通しているのは、やはり、いつ練習するか決めている ということです。そのうちの何人かは、 「朝、学校へ行く(出掛ける)前に必ず練習してから行く」そうです

なるほど~。朝なら、他の習い事もないし、お友達と遊ぶ誘惑もないし、集中できそうですよね。朝が苦手な私は考えもつかなかったけど。。。

もちろん朝じゃなくても良いのですが、大事なのは、気付いたときにやるのではなく、いつも決まった時間に練習すること です 決まった時間といっても、塾や習い事などがあったり、お友達と遊ぶ約束をしてしまったり、毎日スケジュールは変わると思うので、家に居る時間の中で「宿題の前にピアノ」という感じで決めておけば良いのです。「ごはんの後は歯を磨く」のと同じように。。。

子供は、大人のように自分でスケジュール管理ができるわけではないと思うので、親御さんがピアノの練習の時間をきちんと決めて習慣化してあげないと、子供は忘れてしまいます。

(どうやら子供は本当に悪気はないようで、ピアノが嫌いなわけでもないし、練習したくないわけでもないのに、ただただ忘れてしまっているだけ…ということが多いみたいなのです

それなのに、気付いた時に親が慌てて「ピアノの練習をしなさい!」と命令したり、言ってもやらないからと叱りつけてしまったら、きっと傷付くのではないでしょうか?


私はピアノ講師として、ご家庭での練習を覗き込んで口出しすることはできませんので、ご家庭での練習については、親御さん次第 だと思っています (もちろん、練習方法などはレッスンで出来る限りお伝えしていきますが…)。

別に練習に付き合ってあげる必要はありません。毎日練習できる環境と時間を与えてあげれば良いのです

また、よく「一曲につき5回ずつ練習する」などと決める方がいますが、小さいお子さんならともかく、少なくとも小学生以上の生徒さんは、回数や時間で練習の基準を設けることはあまり望ましい練習とは言えません。

自分がいつも間違える箇所、指が上手く回らない箇所などなど、その時々によってその人なりの課題があるはずです。思うように弾けないところを見つけ、できるまでひたすらに、そこだけ部分練習を繰り返す。

私は、部分練習の意味をよく“穴”に例えるのですが……穴の空いた道があったとします。その穴を埋めずに全体に均等に土をかけても、その穴は永遠に平らにはなりません。でも、まず先にその穴だけを埋めてしまえば、全体に土をかけなくても道は平らになります。

……この話は、私が昔習っていたピアノの先生から教わったお話です。完全にパクらせて頂いています


ダメな自分、できない自分に向き合うことは、とても勇気のいることですが、誰かと戦うのではなく自分と戦うことは、自分の努力次第で乗り越えることができる…ということを学んでほしいのです。

自分が努力して得た喜びは、大きな自信となっていくので、練習すればするほど楽しくなり、のめり込んでいけるはずです。

でも、練習しなければ、この喜びや自信も得ることはできないので、まずはお子さんが気持ち良く練習に励むことができるような環境作りから始めて頂きたいと思います

昨日

昨日は、所沢での仕事。

その後、池袋へ移動して用事を済ませ、今度は高円寺へ。

友人が出演する演奏会でした

111121_224115.jpg

朝からの長時間移動、そして人混みの中にいて息がつまりそうでしたが、ホールに響き渡るピアノの音に、心が洗われる思いがしました。

今さらながら、やっぱりピアノの音、好きだな

そういえば最近、あまり演奏会に行っていなかったかも…自分から発信・供給することも大事だけど、受け身になって吸収することもしないと、行き詰まってしまいますよね。。。反省

呼吸と同じで、深く大きく吸うことで沢山の息を吐き出すことができるように、色々なことを受け入れたり吸収することで、自分の中からももっと良いものが生み出せるような気がします。

憧れの…

先日頂いたお花、お部屋に飾って癒されています。

薔薇の花が早くもクタッとしてしまったので、花びらを一枚一枚バラバラにして…

moblog_7a00187d.jpg

憧れの薔薇風呂にしてみました~

moblog_87f592dd.jpg


残念ながら薔薇に埋もれる程の量ではありませんが、それでも少しはお姫様気分(?)を味わえたような気がします

発表会

今日は、まいちゃんのピアノ教室の発表会でした

私の発表会のときにお手伝いをして頂いたので、今回は私がお手伝い…のはずが、有難いことに私の生徒さん達も出演させて頂くことになり、私も連弾や講師演奏で出演するハメに。。。

8月に発表会があったばかりなので、どうかな…と思ったのですが、5人の生徒さんが 「出たい!!」 と、ほぼ即答で名乗りを上げてくれました。嬉しい限りです

生徒の皆さんにお話したのは確か9月半ば頃なので、それから曲を決めて準備期間は2ヶ月弱…にもかかわらず、みんなよく練習してくれて、レッスンのたびにどんどん上達しているのが明らかでした。

8月の発表会で味わった、人前で弾く楽しさや、努力した後の達成感、そしてちょっとしたミスへの悔しさなどが、次への大きなパワーとなったのではないかな…と思います。

本番の演奏も、思わぬところでミスはあったものの、それぞれの努力の成果がよく表れていて、今までで一番良い演奏だったと思いました


まいちゃんの生徒さんも、「はじめまして…」 だったのにもかかわらず、みんなとっても人懐っこくて可愛かったし、ピアノもとてもお上手でした

中でも、小学校高学年の男の子や中学生の女の子の演奏は、すごく綺麗な音で心を込めて弾いていて、思わずうっとりしてしまいました。久しぶりに聴いた “セナのピアノ” や “タイタニック”、本当に素敵でした~


講師演奏は、まいちゃんと連弾を2曲演奏させて頂きましたが、とりあえず笑わずに演奏できました。。。(汗) 前回合わせてから2週間近く経っていたので、感覚が鈍っていましたが、そんな中でも二人の音楽が重なり一つに溶け合う瞬間を、何度か感じることができたかな~と思います


人前で演奏する機会は、とても貴重なことですが、上達には欠かせないとても大切なことです。そんな機会を与えてくれたまいちゃんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。私もこれから生徒さんのために、発表会だけでなく演奏する機会をもっと提供していこうかな…と考えています。


moblog_19bf1604.jpg


今回もまた素敵なお花やお手紙をありがとうございました 私にとって、皆さんの笑顔が何よりの喜びです これからも一緒に頑張りましょうね~

家族との休日

土曜日は、珍しく家族と休日を過ごしました…

横浜は関内にあります “関内ホール” にて、姉が通うダンススタジオの発表会があるというので、母と一緒に見に行ってきました。

私とは違って体育会系(?)の姉は、昔から体が柔らかくて、新体操、体操、バトントワリングなど、踊ることが好きだったそうで、大人になってからもヒップホップ系のダンスを続けています

実は、ちゃんと踊っている姿を見るのは初めて…

みんな同じ衣装なので、遠目に見るとどれが姉なのかすぐには分かりませんでしたが、なんとか見つけました。写真はブレまくりですが、雰囲気だけでも伝わるかしら…

DSC00542_convert_20111107020536.jpg


他のグループのダンスも、みんな良い表情で楽しそうにカッコ良く踊っていて、とても素敵でした~

中でも、3歳~6歳くらい(?)の子供達のダンスがサイコーに可愛かった!!もちろん幼稚園のお遊戯レベルじゃなくて、TVとかに出てくるキッズダンサーレベルに近い!!あんなにチビちゃんでも踊れる(振付を覚えられる)ことに驚き、あまりの可愛さに癒されまくりでした~

踊ることも、歌うことも、人類が遥か昔から親しんできたことでもあり、老若男女問わず楽しめるもの。人間が生きていくために本当に必要なことって、こういうことなんだよな~。。。と、あらためて感じることができました。



その後、母とみなとみらいまでブラブラと歩き、ショッピングを楽しみました。

今は横浜市民ではありませんが、関内もみなとみらいも、私にとっては懐かしい故郷でもあり、沢山の思い出のある大好きな場所です。都会でありながらこんなに歩いていて気持ちが良いところ、私は他に思い浮かびません。空や海、そして風に、いつも癒されます
プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。