LUCKY DAY♪

今日は、なぜだか幸運に恵まれた一日でした~


まず、自分が教えているピアノの生徒さん達の発表会のホールがとれたこと

先月は落選してしまったので、今月もダメかも…と弱気になっていたのですが、なんとか第2希望のホールが当たりました~

よかった~ホッと一安心です。



そして午後からは、大学時代の恩師の出演する演奏会へ

先着200名のみ入場可の無料コンサート…ということだったので、念のため少し早めに行ってみたら、、、

開場5分前にもかかわらず、すでに100名ほどの行列…

早めに行って、大正解

開演10分前にはすでに満席…すごい盛況ぶりでした


演奏会は、「~春を呼び込もう!音楽で~」 と題して、ピアノをはじめ声楽、フルート、サックス、そしてお琴まで聴けて、とても楽しい内容でした

ただ、とてつもなく響かないホールで、ピアノの音が全く違う楽器の音のように聴こえるし、声楽の方にとってもかなりきつそうでした…

ただでさえ響かないホールに、200名もの観客、そして普段あまり弾かれていないピアノ…悪条件の重なる中でも、恩師の演奏はいつもと変わらず素敵でした

最近あらためて、先生に出逢い師事することができたことを、心から幸せに思います。先生と出逢えたからこそ、今の私がある…と。先生の演奏を聴きながら、また今日もそう強く感じました。

そんなわけで、また先生のご指導を受けてみたくなり、近々レッスンを再開することにしました~

何年ぶりだろう?私も生徒の立場に戻ります!!楽しみだなぁ~



さて、話は戻りまして、、、

演奏会の会場が、小田急線 高座渋谷駅だったので、そのまま帰るのもつまらないので、なんとなく町田へ繰り出してみました~

町田といえば…実は私、町田出身なのです!!

と言ってもかなり遠い昔のことなので、ほとんど覚えていないし、土地勘もありませんが…


でもあまり期待もせずに行ってみたわりに、ずっと探し求めていた理想のものが見つかったり(もちろん即買い!)、いつも行く店にはないものに出会えたりして、かなり新鮮でした

たまには普段と違うことをするって、大切ですね~!!

町田に行って、正解でした



イヤな事が一つも起こらない、こんな幸運に恵まれた一日、なんだか久しぶりだな~
スポンサーサイト

昨日は、中学時代からの仲良し4人組で、誕生日&引越し祝いパーティーでした

1月から一人暮らしを始めたMちゃんの新居で、いつものように取りとめのない話で終始盛り上がり、あっという間に終電の時間になってしまいました…。


かれこれ20年近い付き合いになる私達は、まるで家族のようにお互いのことを知り尽くしているので、他人から見るとかなり不思議な関係に見えるらしい

よく喧嘩もするし、お母さんみたいに説教したり、思ったことはズケズケ言っちゃうし…。

だから 「本当に仲良いの?」 って心配されることもあります

でも、何かあっても必ず誰かがフォローしたり、仲介役になり、気付くと笑いに変わっていたりするのです

それに、本当に仲が良くなきゃ、面と向かって思ったことをズケズケ言うことはできないでしょ?!

本当にこの4人は、とても不思議な縁で結ばれていることを、強く感じます

こんな仲間がいることを、本当に有難く、幸せに思います

 HAPPY BIRTHDAY

110218_233232.jpg

TAKANO の苺たっぷりのケーキでお祝い やっぱり、苺の美味しさは格別ですね~

バレンタインデー

今日はバレンタインデーですね

雪が降ったので、ホワイトクリスマスならぬ、ホワイトバレンタインデーかしら~



私は数年前から、日本のバレンタインの制度に疑問を感じています。

「男ばっかりもらえてずるい!!」

というのが一番の理由ですが(笑)、

大量の義理チョコを配る女性も大変だけど、ホワイトデーにお返しをする男性も大変よね


数年前、職場の男友達に義理チョコをあげなかったら、

「Kさん(←私)には貰えると思ったのに…(笑)」

と、言われたことがあって。。。

そんな期待されてるとは思わず、義理チョコなんてあげてもあげなくてもいいよね…なんて軽く考えていた私。

そのとき初めて、義理チョコ制度ってめんどくさっ!!…って思うと同時に、なんだか申し訳ない気持ちに

義理に期待しちゃう日本人男性…なんだか寂しい気がするのは私だけでしょうか??



というのも、大学時代、大好きなイタリア人の先生にバレンタインのチョコをあげたら、とっても不思議がられたことがあります。

「なぜ女性から男性に?僕がもらっちゃっていいの?」…と恐縮気味。

そのとき初めて、女性が男性にあげるのが当たり前だと思っていたバレンタインの制度が、世界共通ではないことを知ったのでした…

なんだか男尊女卑だった日本を象徴するシステムですよね



私は、“愛” のない贈り物はされても嬉しくないし、したくもない!

ただそれだけのこと。

“愛” があれば、逆チョコだって、友チョコだって、自分チョコだっていいのよ!!!

義理チョコなんて、やめちまえ~!!!!!


そんなわけで、自分チョコ (←自己愛?!)

110215_003242.jpg

安くて美味しいトリュフです



格闘中!


今年もまたやってきました~!!

確定申告…。


今日は一日家に引きこもって、書類を作成してました。

途中、脱線しまくりで、まだ終わりません。

収入が増えることは嬉しいことですが、その分所得税が増えるので、手放しでは喜べません…(-.-;)

あ~あ、貧乏もイヤだけど、税金もあんまり払いたくないなぁ。。。なんて思ったら、作業が進まなくなりました…。

確定申告ブルーです(>_<)

ランチ

今日はセレブな友人Mちゃんと、丸ビルランチ

またもやアジアン (Mちゃんとのランチはなぜかアジアンが多いのです)…

二人とも、スパイシーな味が好きなので~


110212_124240.jpg 

今回は、CITA・CITA というお店で、ナシゴレンプレートを食べました!

すご~く美味しくて、大満足でした

そして今日もMちゃんのセレブな(?)話がたくさん聞けて、とっても楽しいひとときでした

懐かしの地へ

今日は珍しく関東南部でも雪が降りましたね~


そんな中、訳あって懐かしの地…母校の昭和音大があった厚木某所へ行ってきました。

昭和音大は私が卒業してから数年後に新百合ヶ丘に移転してしまったので、かつての賑わい(?)はなくなってしまいましたが、それでも久々に行ってみるとやっぱり懐かしい…

まだ校舎は残っています
110211_155424.jpg


でも、バス停の名前が 「昭和音楽大学前」 から 「依知小学校前」 に変わってしまい、ちょっと寂しいですね…

110211_155733.jpg


ついでに海老名駅もちょっと綺麗になっていて、驚きました!

時代はめまぐるしく変化していきますが、自分の中にある大切な思い出は、いつまでも変わることなく覚えていたいものです

ムズムズ

今日はまた寒さがぶり返しましたが、昨日一昨日の暖かさで、私の鼻のムズムズが始まりました…

目もちょっとショボショボするし、鼻はちょっと詰まり気味で苦しくて、必要以上に鼻をすすってしまうせいか、呼吸困難になりかける…

吸ってばかりで吐くことを忘れているからですね

時々大きく息を吐くようにしないと、苦しいです。

若干、頭も痛くなってきました…

はぁ~ 春が近いのは嬉しいけれど、花粉症には辛い季節です

マンドリンに癒されて♪

昨日は、小学生の頃からの友人が所属するマンドリン・オーケストラ “アンサンブル・マーレ” の定期演奏会に行ってきました~

恥ずかしながら、マンドリンという楽器のこと自体あまり知らないまま聴きに行ってしまいましたが、とても優しくて心地の良い音に、癒されました~

聴いているうちに、ふと 「マンドリンの発祥の地ってどこなんだろう?」 と気になって (音楽家としてそんなことも知らないなんて、恥ずかしい限りですが…)、「なんとな~く南欧っぽいなぁ、イタリアかフランスあたりかな~?」なんて思っていたら、やはりイタリア(ナポリ)発祥の楽器のようでした~


プログラムは、前半がオリジナル曲、後半がクラシック

オリジナルの方は、大野愛:海を渡る風、加藤由美子:風のソナタ の2曲でしたが、マンドリンという楽器には “風” がよく似合う!! 風のさわさわとした音や、穏やかで暖かい海風、草原の風車…色々なイメージが浮かびました。また、風景だけでなく、美しいメロディーは情感たっぷりで、映画音楽のように心を揺さぶられる力を感じました。

後半のクラシックは、モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第28番 ホ短調 K.304、ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 作品90 より第3楽章、J.シュトラウスⅡ:ワルツ 「美しく青きドナウ」 作品314、そしてアンコールに、マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」 間奏曲 と ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 が演奏されました。

原曲はすべて知っていましたし、自分もピアノで演奏したことがある曲ばかりだったので、とても楽しく聴くことができました。もちろん原曲には敵わないかもしれませんが、これはこれでアリだな~って感じでしたよ。私はけっこう好きでした~


なにより、幅広い年齢層の方々が、趣味として音楽を心から楽しんでいらっしゃる姿は、本当に良いものですね!!私も刺激をもらいました~

浮気のススメ?!

恋の話ではありません(笑)


実は私、5~6年程前に、ふとしたきっかけにより、ピアノだけでなくエレクトーンにも手を出したんです

一応 “仕事のため” ではあったのですが、ピアノとはまた別の楽しさと難しさがあり、趣味としてレッスンも受けていました。

そして、当時の最新機種 “ステージア” を購入!!

110204_232900.jpg
 


色々な音色が出せること、同時に違う楽器の音を重ねられること、様々な効果音が入れられること、アフタータッチやビブラートがかけられること…など、ピアノにはない沢山の機能があって、それはそれは新鮮だったこと あるときはバイオリニスト、そしてあるときはサクソフォニストになりきって弾くこともできる

しかしながら、所詮 “アナログ人間” の私にはすべての機能をとても使いこなせず、ほとんどただのキーボードと化していたのでした…

それに、あまりにもエレクトーンばかり弾いていると、ピアノを弾くときの指のコントロール力が欠如してしまうような気がして。。。

ピアノは弾く人間によって十人十色の音が出せるけど、エレクトーンは誰が弾いても同じ音。

私は、私にしか出せない音で弾けるピアノの方が、断然好き

やっぱり、ピアノは “生き物” で、エレクトーンは “機械” なのよね。。。



…と、エレクトーンに浮気してみてあらためてピアノの良さに気付いた私

気付いたのはだいぶ前のことですが、その後もズルズルと、別れを決断できずにいて

気持ちは固まっているのに、とりあえず両方キープ…みたいな二股状態(?!)を続け、、、

でも、ついに今日、お別れしました~


一応もう一回言っておきますが、恋の話ではありません(笑)



ずっと一つのことを続けるというのは本当に大変なことで、たまには寄り道やつまみ食いもしながら色々な経験を積むことで、やがてそれが人生の深みにもなっていくと思うし、またあらためて 「本当に大切なものは何か」 ということに気付けたりもするのですよね。

でも、今後は浮気する前に気付けるようにしないとね!!

とはいえ、やっぱりエレクトーンをやったからこそ身に付けられたことは多々あるので、この経験は絶対に無駄ではなかったと思っています


恋以外でなら、やっぱり、浮気はした方がいい…かもね!!!!!
プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード