スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。。。

またまたご無沙汰してしまいました…


昨日は、東京オペラシティでの、N響コンサートを聴きに行ってきました

パスカル・ロジェのピアノによる、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調をはじめ、同じくラヴェルの組曲「マ・メール・ロワ」、ボレロ、チャイコフスキーの組曲「くるみ割り人形」というプログラム。

最近とても感じるようになったのは、フランス音楽はやっぱりフランス人が弾くと「いいな~」って。

昔は、ドビュッシーやラヴェルなどのフランス音楽にあまり魅力を感じることがなかったのですが、私の大学時代の恩師が弾くラヴェルの演奏を聴いてから少し興味が持てるようになり、さらにフランス人のピアニストが弾くドビュッシーを聴いてから、やっと本当の意味でのフランス音楽の魅力が理解できるようになったような。。。


実はこう見えて(?)、私は大学時代に一応フランス語を履修していたのですが、フランス人の弾くフランス音楽は、まさにフランス語を喋っているかのようで、逆にフランス語というのは、フランス音楽そのもののように聴こえてくるのです。フランス映画が好きでよく観るのですが、喋っているのに歌っているのかと思うような瞬間が、多々あります。皆さんも、そんな風に感じたことはありませんか?!

確か、ドビュッシーも言っていたらしい。喋るように弾いてほしいって。

そして、ロジェもやっぱり、喋るように弾いていた


んで、思い出した

小学生の時にエッフェル塔の美しさに惚れ、中学生の時にお洒落なパリジェンヌのファッションに憧れ、高校生の時にはパリジェンヌのカラフルなインテリアに惹かれ…それだけのくだらない動機でフランス語を履修したこと。

そして沢山のフランス映画を観るなかで、フランス人の有り得ないくらいのバカらしいいたずらにハマりまくり、さんざん遠回りして、やっと、フランス音楽に興味を持てるようになったというわけ。


今まであまり弾いてこなかったけど、これから少しずつ勉強していきたいな。ちょっとはフランス語を習ってたことを活かさないとね!!なんだか、今なら弾ける気がするのです



101129_171747.jpg 
東京オペラシティもキラキラのツリーが綺麗でした~
スポンサーサイト

こんな季節。


今晩から明日にかけて、かなり冷え込むみたいですね~w(゜o゜)w


温かい飲み物が恋しくなるこの季節。

ホットレモンにホットアップル、ホットカルピスまでは知ってたけど…

「ほっともも」があった~(*^▽^*)


このとろみ具合、砂糖に果糖に水飴に…ほとんど糖分でできているんだな~(^-^;
、、、と考えると恐ろしいのですが、美味しいです(^0^)/

寒~い屋外で飲むと、本当にほっとしますよね♪

レッスンのこと。

最近このblogの記事、遊んでるだけの人間みたいになってました

レッスンのことを書こうと思いつつ、なかなか気乗りせず…。

というか、書きたいことはいっぱいあるのですが、書いてるうちに話がまとまらなくなってしまい、自分でも 「あれっ?何を書こうとしてたんだっけ??」 ってなっちゃう で、全部消去…。そんなことが何回かありました。


そんなわけで、話が長くなったらゴメンナサイ

この秋で、ピアノを教え始めて早12年目突入の私です あらためて皆様への感謝の思いでいっぱいなのですが、また話が違う方向へ行ってしまいそうなので、この程度にとどめておいて…。

ここ数年の間で、本当に有難いことに沢山の生徒さんとの出逢いに恵まれ、日々忙しくレッスンをさせていただいておりますが、そんな中で今、色々と感じることや変化してきた思いがあります



何かの本にも書いてあったのですが、今とても強く感じることは、ピアノを教えることは、ピアノを弾けるようにすることだけが目的ではないってこと。

いくらピアノの進みが速くて難しい曲が弾けても、指の形や姿勢、音楽の基本となる知識や読譜力、そして音楽を感じる心 が伴っていないというのは、とても残念なことだと思うのです。本人はそれで満足なのかもしれませんが、知っててできないのと、知らないのとでは違います。

私は、このblogでも何度か発言してきましたが、生徒にもいつも言っていることがあります。それは「楽譜を見なさいということです。

楽譜を見ないで指を見て弾く。分からなくなっても、記憶を頼りに弾こうとする。暗譜をしているつもりかもしれませんが、それは本当の暗譜とは違います。完全に音楽を理解していないうちに、指の形とか場所とかで記憶して、楽譜の情報は一切覚えていない。まるでパソコンのキーボードを打つかのようです。そんな音楽に、音楽など感じません。


でも、どうしてそうなってしまうのでしょうか?それは、我々の教え方にも問題があるのでは…と、思うようになりました。

私が教える子供の生徒さんのうち3分の1程度の子が、楽譜を見ないで指を見て弾く か、楽譜が読めないから譜読みに時間がかかり過ぎる、のどちらかです。決してピアノが下手なわけではないのに、楽譜を見て弾けと言われると、とたんに顔が曇るんですよね。特に、他の教室から移ってきた子は、一見「上手に弾くな~。もうこの曲が弾けるなんて進みが速いな~。」と思いきや、いざレッスンしてみたら全然楽譜が読めていなかった…というのはよくあります。

今までこの問題は、本人の音楽に対する意識や能力の問題だから、ある程度しょうがないのかな~と思ってきました。でも、ここ1~2年の間に習い始めたわりと幼い生徒さんたちは、ほぼ全員、楽譜にくぎづけでピアノを弾いてくれるし、音符もしっかり読めているのです!

それで、確信したのです

これは、教え方でどうにでもなる ってことを。


ただ、ある程度の年齢や環境の影響もあると思います。例えば、ピアノを習い始める前に、自己流である程度弾けるようになってしまった人や、素人になんとなく教えてもらってある程度弾けるようになった人、そして自分のやり方が絶対だと思って他人の意見を聞き入れない人。こういう人は、難しいですね。。。


さて、どういう教え方をすれば良いか…は、企業秘密です。

と言いたいところなのですが


一言でいえば、ソルフェージュです。ソルフェージュというのは、音楽を正しいリズムや音程で “歌う” 訓練のことです。

今までにも私はレッスンである程度やってはいたのですが、そこまで重要視していませんでした。でも、ピアノの進みが少し遅い子供が、逆に音符がよく読めていて驚いたことがあって その子は、すぐに弾けないから何度もドレミで読んだり歌ったりして、一つの曲に時間をかけて向き合っていたことと、ワークブックにもじっくり取り組む時間があったことが良かったのかな~と思うのです。

それに加えて、ピアノやソルフェージュのテキストだけで足りない部分は、私自身がプリントを作って補いました。それを使って訓練した子は、みんなソルフェージュが大好きで、どんどん音符を読みたがります。

これが、本来あるべき姿なのです


もちろん、最初に書いたような楽譜を読むのが苦手な生徒さんたちに対しても、決して諦めたわけではありません。ひとりひとり問題点が違うので、その子に合った解決策を模索しているところです。でも、基本は徹底的に読むこと、そして歌うこと。これに尽きます


まだまだはっきりとした結果が出たとは言い切れませんが、「楽譜を読むのが苦手」 と思わせてしまうのは、それは教師側の責任なのかな…と思うようになりました。

ピアノだけが上手になればそれでいいのではなく、その根底には 「音楽」 がなくてはならず、その音楽の基本というのは 「歌うこと」 なのです。そしてそれは難しいものである必要はなく、簡単なものを数多く積み重ねることによって、知らず知らずのうちに身に付くのです。

考えてみれば、自分も小さい頃、ソルフェージュのレッスンけっこうやったなぁ~。歌うことは少し恥ずかしかったけど、なぜか好きだった。今になって、そんな大切な力をつけてくださったあの頃の先生に、感謝ですね~



ピアノを弾くための基本である正しい指の形や姿勢についても、た~くさん言いたいことはあるのですが、長くなってしまったので今日のところはこのへんで。。。おやすみなさい

盛り沢山の休日

今日は、横浜ロイヤルパークホテル68Fにある 中国料理「皇苑」で、友人たちとランチしてきました~

“健美レディースランチ” というコース料理だったのですが、まさに健康と美容に良さそうな、野菜やキノコたっぷりの上品なお味で、量も控えめでちょうど良かったです


101103_112453.jpg 
秋の味覚入り前菜盛り合わせ


101103_115509.jpg 
芝海老と碧玉筍あっさり炒め


101103_121010.jpg 
豚肉とキノコの黒酢仕立て


101103_124330.jpg 
皇苑オリジナルデザート盛り合わせ


どれも本当にとても美味しくて、ガールズトークも弾み、とても幸せなひとときでした

一つだけ残念だったのが、せっかくの68Fだったのに、窓側の席ではなかったので景色は遠目になんとなく…しか見られませんでした でも、お天気が良かったので、青空がとっても明るくて綺麗でした~



その後、ランドマークプラザのクリスマスツリーを見てきましたよ

101103_131436.jpg 

スワロフスキーのクリスタル製だそうです
 
101103_131607.jpg 

キラキラと美しく輝いていて、うっとりしてしまいます… 個人的にこーゆう大人なツリー、好きです

これから街中がどんどんクリスマスモードになっていきますね。毎年のことですが、イルミネーションとか見るとなんだか温かく幸せな気持ちになってしまう私です


桜木町から横浜まで、私の買い物にも付き合ってもらって、久しぶりに財布の中はスッカラカン… 盛り沢山の楽しい休日でした

「怒り」の主は…

おかげさまで、お部屋の片付けも順調に進んでいます

職業柄、楽譜や本・CDがどんどん増えてしまい、しまう場所が足りなくなるというのが悩みのタネ… 本棚を半年ほど前に買い替えたばかりなのに、もうすでに入る余地がほとんどありません

そういえば私、本を処分するということをしていなかった!!

…というわけで、必要ないと思われる本を処分することに。。。 とりあえず文庫本などを20冊程度減らしただけで、溢れ返っていた本がすっきり収まりました~


そんな中、処分しようとしたのに、思いとどまった本が2冊。

一冊は、 「かわいいこころ」 という本

人間の 「こころ」 というのは 臓器の個性 で、臓器の働きのバランスがこころの働き、感情に実はとても影響している…というのです。

肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓 という肋骨に守られた5つの臓器が、それぞれ 肝臓=怒り、心臓=狂喜、脾臓=憂い、肺臓=悲しみ、腎臓=恐れ というふうに、かなりはっきりした感情を司っているそうです

自分の臓器タイプをチェックしてみると…私は 「肝臓タイプ」 でした。肝臓タイプは、 「怒り」 が行動の原動力になる…ということですが、妙に納得 私のことをよく知っている方なら、わかりますよね…(笑)

例えば、自分とは全く関係ないニュースとか、人の話に 「何それ、許せない!!」 と妙な正義感を出してみたり。。。 正義感といえば、本当はやりたくもないことを 「私がやらなきゃ誰がやる!!」 と使命感を持ってやってしまい、まわりからは 「なんでそこまでやるの?」 と思われる。。。

そして、自分の興味あることはとことんまでやらないと気がすまない。何かをしすぎることで才能を発揮するタイプだから、このタイプに 「ほどほどに」 はない。夢中になっているこの人を、他の誰かが止めることはできないのです。とにかく、何かをやりすぎることで調子がいいのだそうです。

だから、「怒り」 のエネルギーをそのまま 「怒り」 として発散させるのではなく、それをクリエイティブな方向に昇華していくのが良いそうです。例えば、スポーツとか音楽とか…。

なるほどね~ そうだったのか!! 怒りっぽいのは、肝臓のせいだったのかぁ~。そして昔から、頭を使うことよりも、体を動かしたり、何かを作ったり、ピアノを弾いたりすることでエネルギーを昇華させていたよ…。すご~~~い、ちゃんと理に適っていたのね

久しぶりに読み返してみて、良かったー。おもしろ~い


そしてもう一冊というのが、 「怒りに効くクスリ」 という本

ちゃんと連動しているところが、ビックリ!!

当時は、自分が 「肝臓タイプ」 だという自覚はなかったのですが、仕事で妙にイライラすることが多くて、「どうして私はこんなにイライラするんだろ?」 と真剣に悩んで買った本です。

それが今、解決しました…私は 「肝臓タイプ」 だったからなのですね~(笑)

こころ と からだ はつながっているっていうことを、今あらためて実感しました


実は最近、この 「怒り」 という感情というかエネルギーが、ずっと私の中を支配していて、心身ともにバランスを失いかけていたのです。そんなときに、この2冊の本をまた読み返すことができたことは、ラッキーでした。

この本を参考に、こころ と からだ に心地良いことを 実践してみようと思います

プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。