スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃になって…

今週は腰痛に始まり、なんだか頭が冴えなくて、不調続きでした…

発表会、そしてGWが終わって、レッスンも再開して、少し気が抜けたのか、疲れが出たのか(今頃?!)…軽く鬱状態になっています 五月病かしら…

なんだかんだ言いながら、目標に向かって頑張ったり、仕事で忙しくしている方が、性に合っているというか…刺激がないとダメなのかもしれません 3月でひとつ仕事を辞めて、少し心に余裕はできたのは良かったけれど、、、毎日が同じことの繰り返しで刺激のない日々…欲求不満になりつつあります

そんな日々から脱却すべく、新しいことを始めたいのに、あれもこれもと欲張りすぎてひとつに絞れない…

とりあえず意味もなく、新しい曲の譜読みを始めました 結局、ピアノしかないのかよ!って感じですね~ でも、今まで全く興味のなかった曲をなんとなく弾いているうちに、少しずつハマっていくものを感じ、なぜか今の自分にしっくりきたんですよね~これが…不思議ですね。


と、まぁ、色々と浮き沈みはありますが、人生そんなもんでしょっ 明日はすごくハッピーになってるかもしれないし きっと今の悩みも、長い人生のほんの一瞬に過ぎないわけだし。今の状況は、未来の自分のために必要な試練なのだと思えば、今を精いっぱい頑張ろうと思える。

そんなわけで、自己解決!(笑)


そうそう、腰痛の原因でもあった、イス あれからすぐに、イイのが見つかりまして、今日届きました~ いたって普通ですけど、今までのがあまりにもひどい座り心地だったので、かなり快適になりました 腰やお尻の痛みも、どこへやら… 
スポンサーサイト

腰痛…

昨日の朝起きた時からずっと、腰痛に悩まされています…

骨と骨がずれているような、なんとも気持ちの悪い感覚。腰を回したり、体を捻ったりしてみるものの、治る気配はない。まぁ、そのうち治ると思いますが…。

恥ずかしながら、明らかに運動不足でございます…

ピアノを弾いたり、レッスンの時って、ずっと座りっぱなしだし、自分の部屋でもPC使ったり、DVD見たり、考えてみれば一日中座りっぱなしっていう日も多い

ピアノを弾いているときに腰が痛くなることはあまりないのですが、問題はPCです!!というか、部屋の椅子に問題アリなのです!!明らかに机と椅子の高さが合っていなくて(机の高さの割に椅子が高すぎるのです!)、そのうえ背もたれが低くてないも同然…。座面も小さくて硬いし、腰だけでなくお尻も痛くなる最悪の椅子!!それもそのはず、安~い折りたたみ椅子なのです…。

前々から買おう買おうと思いつつも、なかなか部屋の雰囲気を損なわない可愛さと座りやすさを兼ね備えたものに出会えず…なんだかんだで後回しにしてきてしまい、かれこれ5年ほど座り続けています

でも、もう限界です!!

もうちょっと「ふわっ」とした座り心地で、背中をもたれかけてふんぞり返れるような、そんなフツーの椅子を探してみたいと思います さらば腰痛っ(…となるか?!)

成長。

今日のレッスンで、嬉しかったこと

習い始めてもうすぐ2年になる小学生の女の子、Aちゃん。

ピアノが大好きってわけでもなさそうだけど、でも嫌々やってるわけでもない。できないと落ち込むけど、一生懸命練習して、いつもひとつひとつ山を乗り越えていくことができる頑張り屋さん。

発表会が終わってやっと通常のレッスンに戻り、改めて今の彼女の現状を見て、驚きました。

楽譜を読むことが苦手な子や、たとえ読めても「ドレミファソ…」と五線を数えないと読めない子が多い中、彼女は楽譜を見てすぐにパッと音符をサラサラ読めていたのです。

ハッキリ言って、それはすごい才能でもなんでもないのですが、今までそんなにサラサラ読めていたっけ??…と思って、ちょっと驚いてしまっただけのことです。習い始めたばかりの頃、なかなかペースについて来れないときがあったので、ずいぶん成長したもんだ…と

音符を読むことについて、レッスンでも特別なことは何もしてないのですけどね…

おそらく、、、お家で、楽譜のまだ習っていない曲を、自力で読んで弾いているみたいなのです 素晴らしいっ それこそが、音符を読むことに慣れる近道なのです 私も子供の頃、少し先の曲を見て音符を読んだり弾いたりすることが、けっこう好きだったな~ だから、音符を読むのに苦労したことはありません。だって読めると楽しいもん

音符が読めない子って、読めないんじゃなくて、読もうとしてないだけだと思うのです。だって、ただの丸じゃない?!高さが違うだけのただの丸だよ!!3~4歳の子供でも、読める子は読めるのですから。。。

昨日も、音符が読めない生徒さんがいたのですが、音符をろくに見もせずに、「ミ…?あっ、ソ…?」って私の顔を覗き込む。私…「あのね~、先生の顔見たって答えは書いてないんだよ!!音符をちゃんと見なさい!!もっと楽譜にかじりついて見てみなさいっ!!」と少しきつく言ってみたところ、あっさり読めたのです。ほらね、ちゃんと考えれば読めるんだから、読めないんじゃなくて読もうとしてなかっただけでしょ~。。。ってことで、読めるんだから自信を持ちなさい!と言って終わったのでした

Aちゃんの話に戻りますが、彼女はサラサラっと音符を読みながら、「あっ、この曲知ってる!」と鼻歌まで歌い出す余裕っ もう、あたしゃ嬉しくてしょうがないよ きっとこの子は、人生を通して長く音楽を楽しんでいける子だな~と確信しています



深夜に…

昨晩(正確には今日ですが…)、“ショパン生誕200年記念ガラ・コンサート・イン・ワルシャワ” の模様をTVでやっていて、深夜にもかかわらず見入ってしまいました。

ショパンの曲の中でも一番好きな、コンチェルト第1番と第2番が聴けるうえ、バレンボイムのソロもありの、まさにショパン三昧。

コンチェルト第1番は、ロシア人ピアニストのニコライ・デミジェンコの演奏でした。彼の演奏は多分初めて聴いたと思いますが、これがとても良かった…。人によって好き嫌いはあるでしょうけど、私は好きな演奏でした。

まず、この曲のピアノの開始和音が、今までに聴いたどのピアニストにもないような控えめな音で始まったこと。たいていのピアニスト(私もそうでした)は、この開始和音を思いっきり「ジャ~ン!!」と弾いてしまうので、かなり意表をつかれました。いや、待てよ…改めて楽譜を見てみると、フォルティッシモと書いてあって、アクセントやスフォルツァンドではない…ショパンのフォルティッシモの音って、実はこのくらいがちょうどいいのかも…と逆に考えさせられたのでした。

その後も、すべての音が軽やかで細やかで、それでいて愛に溢れた優しい音。本当にひとつひとつの音を大切に、いたわるように弾いているのです。決して派手なパフォーマンスではないけれど、心にじんわり沁み入るような温かさがある。
久しぶりに“音”だけで泣けました

早速、YouTubeで見つけたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。→ コチラ
(ピアノの開始和音は、冒頭から4分位のところです。)

ちなみにデミジェンコ、7月に来日するようなので、聴きに行こうと思っています

ランチ☆

今日は、友人と東京(丸の内)でランチ

都内だと、だいたい新宿とか池袋とか、そっち側(←アバウトすぎる表現でゴメンナサイ)に行くことが多いので、東京で友人と会うのはかなり新鮮でした

新丸ビル6Fにあるタイ料理のレストランサイアムヘリテージにて…。

100516_131301.jpg 
地鶏挽肉のバジル炒めごはん(ガイ ガパオ)

写真だと分かりづらいかもしれませんが、かなりのボリュームで、お腹いっぱい…でも、美味しかったので全部平らげました~やっぱりエスニック料理の中でも、タイ料理が一番好きです


その後、新丸ビルをブラブラ… 普段あまり行ったことのないお店が多くて、見ているだけで楽し~い 何も買わなかったけどね… そしてさらに丸ビルのカフェでスウィーツまで食べて… 食べ過ぎだ~!!でも、たまにはいいよね 


丸の内は、年齢層が高めの“大人な街”というイメージでしたが、自分も歳をとったのか、妙に居心地の良さを感じてしまいました 友人とも久しぶりにたくさん話ができて、楽しい休日でした~


再始動の一週間

長いGWのお休みが明けて、今週は月曜から土曜までフル稼働で、みっちり仕事でした

発表会後初となるレッスンでは、みんな解放感と安堵感で、スッキリ晴れやかな表情をしていました 発表会の曲を得意気に弾いてくれたり、新しい曲を「簡単だった~」と言いながらサラリと弾いてくれたり…そして、「辞めたい」と言っていた子や、壁にぶち当たっていた子も、次の発表会はアレを弾きたい!とか、これからも頑張ります!とか…そんな頼もしい言葉が出るわ出るわ

いやぁ~、みんなひと回り強くたくましくなって、成長したな~

正直、発表会が終わったら辞めちゃう子が出るかな~?なんて思ったりもしてたのですが、でもこの程度でついてこれないなら辞めてもいいや!ぐらいの気持ちで、敢えて厳しいことを言ったり、「〇〇ちゃんなら、絶対できるよ!」と励ましたり、暑苦しいぐらいの思いをぶつけながら(汗)、私なりに真剣に向き合ってきたつもりです。

今週、みんなに会って、その苦労が報われた思いでした


それから今週は、新規入会の生徒さんのレッスンもスタートしました

みんなとってもキラキラした顔をして、真新しいテキストに興味津々… 新しいことを始めたときのワクワク&ドキドキ、そして一生懸命さがこちらにも伝わってきて、私もこれから一緒に頑張るぞ~!と気合いの入る一週間でもありました

復活愛♪

今日は、自宅のピアノを調律していただきました

本当はもっと早くやらなくては…と思いつつ、発表会の準備やら何やらでバタバタしていたため、ちょっと遅くなってしまいました…。さすがに、音の狂いを感じるほどになってしまっていたので、生徒の皆さんにもご迷惑をおかけしてしまい、すみませんでした

そしてそして、もうひとつ。ずっと気になっていたピアノの消音装置を、外してもらうことにしました!
これは、防音室ではない自宅での練習が、24時間できるように…と、音大の2年生くらいの時に取り付けていただいたものなのですが、色々と問題があって…。

取り付けるときには、「普通の人には気にならない程度のごく僅かなタッチの感覚の違いはあるけど、そんなに変わらない」と言われたので、それならば!と思って取り付けていただいたのです。
確かに、たまに弾く人にはわからない差かもしれません。
でも、やはり毎日弾いていると、「ん~、なんか違う!」
グランドピアノがアップライトピアノになってしまったような感覚。それに、音も変わった?


音大入学と同時に購入したこのピアノとの出逢いは、まさに運命的で、ひと目惚れならぬ、ひと弾き惚れ?でした。他のピアノを弾いてもいまいちピンとこなかったのに、このピアノを弾いた途端、その音の美しさに、一瞬にして恋に落ちてしまったのです だから、このピアノが家に来てからも、ずっと弾いていたいと思える、大好きな音だったのです。

それなのに、消音装置を取り付けてから、とても「気のせい」とは思えないタッチや音の変化を感じるようになって、素直に好きと思えない音になってしまいました

それでも、音大在学中は、消音機能には随分お世話になったし、せっかく高いお金を払って取り付けていただいたものを、簡単に外したいとは言えなくて…。もやもやした気持ちのまま、早10年。

でも、ここ数年間、消音機能を使うことはほとんどなくなり、正直必要ないな…と思っていたし、付いてないピアノを弾いたときの感覚を他のピアノで味わうと、やはり外したい気持ちが高まる一方で。。。

それで今日、思い切って調律師さんに相談したら、「外すのは簡単だから、今日やっちゃう?」とのお返事

私も、急で申し訳ないと思いつつ、また改めて来ていただくのも面倒だし…と、お願いすることにしました。

じゃ~ん!!
100513_125340.jpg 

これがピアノに付いていた消音装置の部品です。お前の役目は終わったよ…ごめんね。


というわけで、生まれたままの姿に戻った私のピアノちゃん
恐る恐る、いや、ワクワクしながら弾いてみると…

出逢ったあの日の感覚!!ピチピチの、キラキラの、温かい大好きな音がまた戻ってきました~ やっぱり、ぜ~んぜん違います!!しかも、明らかに弾きやすい!!

もっと早く逢いたかったよ~ 弾き始めたら燃えちゃって、久しぶりにしばらくピアノから離れられなくなりました

まさに、復・活・愛 これからまたよろしくね~。

生命力

先日の発表会で、生徒さんから頂いたお花たち、長く楽しませていただいております

中でも、カサブランカの生命力には驚きです!
頂いた時点では、2輪開花していて、蕾が5つだったのですが…

みるみるうちに花瓶の水を吸い上げ、蕾が次々と開花していきました
こんなにたくさん蕾のついたカサブランカを頂いたこと自体、初めてだと思いますが、すべての蕾がちゃんと開花していくことに、正直驚いています。開花してから2~3日経つと、また次の蕾が少しずつ開いてきて、それが咲く頃にはその前に咲いていた花が萎れていく…。儚い命なんだけど、咲いている間は「これでもか!」とばかりに瑞々しく、凛として、美しい姿で咲いています

他のお花は、頂いた時が一番綺麗に咲いていて、徐々に萎れていってしまった感じですが、カサブランカだけは日に日に力強さを増していくようで…(というか、カサブランカがお水を吸い過ぎて、他のお花がお水を吸えなくなったのかも?)。お花も大きいけれど、態度もデカイ …いやいや、すさまじい生命力にただただ驚くと同時に、私自身もそのエネルギーを感じて、パワフルな連休を過ごせているように思います

100508_231339.jpg

残り1つとなった蕾も、綺麗に咲いてくれるといいな~

穴場。

GWといえばどこも混んでいて、人、人、人…!!というイメージなので、毎年私は大したこともせずに地味に過ごしています
今年は4/29に発表会があったのというのもあり、GWはたっぷり長めに休みをとらせていただいたので、海外へ行くことも考えたのですが、結局いろいろな事情で実現せず…。
そんなわけで、今年も地味に過ごしている私です

でも、さすがに10連休もあるので、普段はなかなか会えない友人に会ったり、時間がないとできないことをやったり、有意義に過ごしております。

昨日も、親友と会う約束をしていて、正直会って話せれば場所はどこでも良かったのですが、そんなに遠くなく、そんなに人が多くない場所…という条件で思いついたのが、、、

横浜の山手散策~

横浜に20年以上住んでいても、あまり山手の方をゆっくり歩いたことがなかったし、横浜といえば、みんな中華街とかみなとみらいとか…そのあたりに流れていくでしょ?だから、山手って意外と穴場なんじゃないか?と思いまして…。

予感的中~

JR石川町駅から、西洋館めぐりのスタート
100504_114921.jpg 

ブラフ18番館…こちらは、大正末期に建てられた外国人住宅を復元したもので、建物も可愛らしいのですが、室内の家具などのインテリアが本当に素敵でした


100504_115033.jpg 

外交官の家…こちらは明治末期に東京都渋谷区に建てられたものを平成9年に移築したものだそうです。明るいサンルームやステンドグラス、家具類、どれもが素敵で、高台にあるため眺めも良かったです


100504_125057.jpg 

ベーリック・ホール…昭和5年に建てられたスパニッシュスタイルの建物。四つ葉型の窓枠がかわいらしく、お部屋も壁の色使いなどがとてもかわいらしかったです


ここでちょっと、ブレイク
元町公園のベンチで、しばしトークに専念…
100504_130516.jpg ネコちゃんも一緒になかなかの美人ちゃんでした。

だいぶ喋ってから、また西洋館めぐり再開!
エリスマン邸~山手234番館~外国人墓地を見た後、やっとランチです
岩崎ミュージアムにあるカフェAnarchy Mamaにて。
100504_143756.jpg 100505_223233.jpg
好きな絵ハガキを1枚選べるという、粋なランチセットで、チキンやお野菜がとろっとろに煮込まれたグリーンカレーのスープセットを食べました スパイシーなんだけど辛すぎず、素朴で深い味。とっても美味しかったです!!しかも、周辺一帯のレストランやカフェはどこも混み合っていたのに、ここは空いていて…なのに、こんなに美味しくて…これは、穴場ですね~


西洋館めぐりの最後は、イギリス館~山手111番館。ここは、ハロウィンの時にも来たことがあるし、イギリス館はコンサートで何回か来たことがあります。港の見える丘公園の中にあるので、この辺はけっこう賑わっていました。

7つの西洋館めぐり、かわいいスタンプラリーもあって、かなり楽しめました~ 特に最初の2つがおススメです!
GWの穴場としては、我ながらかなり良いチョイスだったと思います


私たちはそこからさらに、山下公園~赤レンガ~桜木町までひたすら歩きました… そして、新しくできた桜木町駅前の“コレットマーレ”を覗きつつ、ディナー 最後にロールケーキのお土産まで買って、一日たっぷり満喫の楽しい休日となりました~


今日は疲れたので、お家でゆっくりDVD鑑賞の、のんびり休日でした…
プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。