スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潤った~♪

今日は、東京文化会館で行われた

“セドリック・ティベルギアン ピアノ・リサイタル”

へ行って参りました~音符2

 

ティベルギアンは、フランス人のピアニストで、

17歳でパリ音楽院を卒業、多くの国際コンクールで入賞、

そして、1998年のロン=ティボー国際コンクールで優勝。

…という経歴の持ち主。

 

日本では、まだあまり知られていないピアニストかもしれませんが(私も3日前に知ったばかり汗)、なぜ彼のリサイタルに行ったかと言うと…

 

3日前、仕事を通じて彼の存在を知り、リサイタルのパンフレットを見た瞬間、一目惚れハート

かなりのイケメンなのです!!

パンフレットに載ってる写真の彼の笑顔に、やられました~うへー

 

そんな不純な動機(?)も去ることながら、プログラムも興味深く、スケジュール的にもちょうど空いていたので、もうこれは行くしかない!と、運命に導かれるようにして(←大袈裟すぎ?!)、行く事を決めたのでした。

 

ブラームス:8つの小品 op.76

バルトーク:野外にて Sz.81

バルトーク:3つのチーク県の民謡 Sz.35a

バルトーク:ブルガリアのリズムによる6つの舞曲(「ミクロコスモス Sz.107」第6巻より)

バルトーク:ルーマニア民族舞曲 Sz56

ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番~第10番

 

というプログラム。

まず、冒頭のブラームスを聴いて、「あぁ…来て良かった」と思えました。

ブラームスの重厚かつ温かみのある音楽を、とてもクリアな響きで聴かせてくれ、その音の美しさと上品で深みのある表現に、自然と目頭が熱くなりました。

そしてバルトーク。素晴らしいリズム感とパワーは圧巻で、表現の幅が広い!!バルトークがこんなに楽しい音楽だと思えたのは、初めてかも…。

最後のハンガリー舞曲も、圧倒的なテクニックと表現力で、心から楽しませてもらいました。

 

考えてみたら、身内(友達とか先生とか)以外の演奏会に行くのは、本当に久し振りでしたが、公演直前に、導かれるようにして出逢ったのは、私が聴くべき音楽だったから…と思えてなりません。どんな演奏をするかわからない人の演奏会に、わざわざお金を払って聴きに行くというのは、ある意味“賭け”ですが、これだけ満足できる演奏に出逢えたことは、本当にラッキーですヤッター

 

仕事に追われて忙しい日々が続いた私への、神様からのちょっとしたご褒美だったのかな?

久し振りの贅沢な時間に、心が潤いました~うわぁ・・・ハート

スポンサーサイト

今日のランチ

午前中の一仕事を終えて、

これから自宅に帰ってレッスンですキラキラおんぷ

 

ゆっくりランチをとる暇もないので、

帰りの電車はグリーン車に乗って、車内で軽めのランチ

最近のお気に入りハート

BAGEL&BAGELの「エビとアボカド&炭火焼きチキン」絵文字名を入力してください 

090626_135551.jpg

  

盛岡の味

今日、無印良品で見つけた新商品やじるし

090624_215049.jpg

“盛岡冷麺” と “盛岡じゃじゃ麺”

どちらも、5~6年前に初めて盛岡を訪れた際に食べて以来の、大好物ペロッ

特にじゃじゃ麺は、自分で見よう見まねで作っちゃう程、大好きな味。

これを見たら、また懐かしくなって、買わずにはいられなかった…。

皆さんも、盛岡へ行ったら是非食べてみてくださいね~。

 

似た者同士

昨日の夜は、親友Sちゃんとの夜ごはんデート食事

地元のハワイアンレストラン“サンアロハ”で、おいしい料理を食べながら、ガールズトークラブリー音符

090623_185422.jpg 

私たちの出会いはちょうど10年前だったかな~。

同じバイト先で出会い、初めはお互い同い年とも知らず、深入りもせず…だったのだけど。

少しずつ話していくうちに、なんかこの人、自分と同じこと考えてる??もしかして私たちって、似てる??

ってことに気づき始めて…。

それからは急激に、仲良くなったんだよね~顔

こんなに自分と似ている人間がいるなんて(注:顔じゃなくて、考え方が…です!)。

彼女との出会いは、私の人生にとって、とても大きな転機となった気がします。

ありのままの自分に自信を持つことや、失敗を恐れずにチャレンジすることの大切さに気付かせてくれたり、

自分がずっともやもやしていた気持ちを晴れやかにしてくれるような、たくさんの前向きな言葉をくれたんだよね~。

似すぎているから、たまに共倒れもするけど…

でも、良いトコもダメなトコも全部認め合って、全てをさらけ出せる存在です。

きっと私たち、前世は双子の姉妹?!いや、もしかして、夫婦?!

昨日もまた、くだらない妄想がピッタリ一致したりして、自分たちのバカっぷりに大笑いでした~想像

090623_184736.jpg

楽譜が読めるように…

今日は真面目に(?)ピアノのレッスンについて書こうかな…ピアノ

ピアノの先生といっても、十人十色で、教え方も違えば考え方も違うし、音楽において大切だと思う優先順位も違うもの。

特に子供の生徒さんの教え方では、全く違うアプローチ方法があります。

・楽譜の知識をほとんど教えずに、耳で聴いた音を覚えて弾かせる方法。

・楽譜の読み方からしっかり教えて、自分で楽譜を読んで弾かせる方法。

私は断然、後者です。。

前者の教え方は、絶対音感が身に付く6~7歳位までの子供にしか通用しない、某有名音楽教室がシステム化して導入している教え方(もちろん、個人の先生でもこの方法で教える先生はいらっしゃいます)。

耳で覚えてから…ということは、先生や他の誰かが弾くのを聴くか、CDなどの音源を聴くか、でなければ自分では弾けないということ。

耳から得た情報って、そんなに確実でしょうか?

一音一音、間違えずに、そして強弱や表情までをも聴き取ることができると思いますか?

そんな人は、一握りの優秀な人間だけなのです。

多くの人は、音やリズムも間違って覚えて、指使いもめちゃくちゃ、楽譜に書かれた記号も無視…。

難しい曲になればなるほど、限界が出てきます。

もちろん、耳で聴いただけで音が分かるのは、素晴らしいこと。そして、音楽を“感じる”ことを大切にしているのでしょうから、その教え方を全否定するつもりはありませんが、それだけでは駄目だということ。

楽譜というのは、唯一、作曲家が残したメッセージなのです。

音符以外にも、たくさんのメッセージを読み取ることができるのです(耳で感じることも大切だけど、目で見て感じる・想像することも大切!)。

それを全く見ないで弾こうとするのは、その作曲家に対してとても失礼なことです。

正しい解釈なんて、できるはずもありません。

私は、演奏するときはいつでも、その作品を書いた作曲家に対して、「素晴らしい音楽を作ってくれてありがとう」という、感謝と尊敬の気持ちを持って“弾かせていただく”べきだと思うのです。

だからこそ、私は、“楽譜が読めるように”することを、とても大切にしています。

楽譜が読めれば、たとえピアノを習うのをやめてしまっても、いつかまた弾きたくなったときに自分の力で弾くことができるかもしれない。他の楽器をやりたくなったときにも、全然困りません。

楽譜が読めてマイナスになることなんて、一つもないのですから。

 

…とはいえ、楽譜を前にすると顔が曇る生徒さんは、少なくありません・・・

日頃から、何か良い対策はないかなぁ…と悩んでおりました。

なかなか「コレ!」っていう教材もないし~

んで、「だったら、私が作ったる!」

ってことで、教材なんていう大袈裟なものではありませんが、作ってみました。

題して、「譜読み強化ソルフェージュプリント~ドラえもん

090622_201527.jpg 

ドレミで読む→ドレミで歌う→ピアノで弾く ことで、楽譜が読めて、音感が付いて、ピアノの練習曲としても使えます!

ソルフェージュの教材って、ト音記号のものばっかで、それだとヘ音記号の読譜力が鍛えられないから、困っていたの。

だから、ト音記号の音もヘ音記号の音も同じペースで鍛えられるものを作りました。

 

これで少しは楽譜に強くなってくれるといいなぁ…絵文字名を入力してください

 

ちなみに私自身は、こういう教えられ方をして育ち、楽譜を読むことに何の抵抗もなく、絶対音感も身に付きました。

ただ、絶対音感のないピアニストはいくらでもいます。

でも、楽譜の読めないピアニストは果たしているでしょうか…?

 

そう考えれば、どちらの教え方が結果的に良いのかは、自ずと見えてきますよね…人差し指

いぬ会社

BSフジで、日曜24:15~24:25に再放送している「いぬ会社」という番組。

ホンモノの犬たちが会社勤めをするというシチュエーション・コメディで、これがなかなかおもしろくて、私のひそかな楽しみ(?)なのです。

犬好きなので、犬は犬で、かわゆいさとと-ピンクハート犬笑さとと-ピンクハート

その犬が、普通の人間の声で会話している。

いや、犬はかわゆいのに、声がやたら渋いというか…

そのギャップが、実にいい味を出しているのです!!

その声を担当しているのが、おぎやはぎの2人とTEAM NACSの大泉洋&戸次重幸などで、ちょっととぼけた感じとか、独り言っぽいつぶやきとかが、本当にピッタリというか、笑えるの~。

仕事ができないくせにちょっとエラそうにしている“課長”とか、絶対、自分のまわりにもいそうな人だし。

You Tubeで映像を見つけたので、是非ともご覧あれ~↓

ちなみに来週(6/28)、最終回だそうです…うおぉぉおぅ

続編やらないかな口笛

恵比寿ディナー☆

子供達の発表会を見終わってから、

大学時代の友達と会うため、恵比寿へGO!→

恵比寿はカワイイお洋服のお店がいっぱいで、

見ているだけで幸せな気分キラキラ

美味しいイタリアンを味わいながら、

音楽の話、仕事の話、恋の話…

いっぱい喋って、あ~、スッキリスッキリーィ

また元気の素をもらいました~♪

Image002_convert_20090615025014.jpg

↑こんな可愛いデザートも登場ハート

今日は充実した休日だったな~にこ

頑張る子供達♪

今日は、以前勤務していたピアノ教室の発表会を見に行ってきました~ピアノ♪

昨年までは、自分が講師として、舞台裏をワーワー言いながらかけずり回っていたのを、今回初めて観客として微笑ましく見させてもらいました絵文字名を入力してください 懐かしさや寂しさもちょっぴり感じつつ、子供達の成長ぶりや後輩の先生方の奮闘ぶりは思った以上に頼もしく、安心しました…ほっハート

 

そんな中、おしゃれな小学生の女の子が、曲に合わせた手作りの衣装(魔女の宅急便の“キキ”、パイレーツ・オブ・カリビアンの“エリザベス”など)を着ていたのが、とっても印象的で素敵でしたきら

そういう演出って、大事よね顔

観客を楽しませる意気込みを感じるし、たとえ中身(演奏)が伴っていなかったとしても(?)、可愛さで許せちゃうハート

ちょっとオバチャン目線でしょうか…汗

 

それから、半年前まで自分が教えていた生徒のRくんが、びっくりするくらい上手になっていて、感動で涙が出そうでした~うるうる

と言うのも、いつもはお調子者の彼が、私が辞めるときにラブレターメール(*゚▽゚)開封ハート湧き(色付-暗い背景用) †SbWebs†をくれて、

「ピアノをやめないでがんばっていればきっとすごいとゆわれるとおもいます。これからもがんばりたいとおもいます。」

と力強く書いてあって…。

今日、その言葉通りに頑張っている姿を目の当たりにして、嬉しいと同時に男らしさを感じました。

Rくん、カッコよかったぞ~好き好き 

 

あとあと~、どんなにちっちゃい子でも、間違えてちょっとパニックになったとき、きっと頭の中真っ白なのに必死で自分と闘っているんだよね~。音を探りながら、なんとか糸口を見つけ出そうとして彷徨っているんだけど、結局ちゃ~んと自分で解決できちゃうの。

ちっちゃいのに、すごいなぁ…って、感心キラキラ

 

子供達の頑張る姿って、大好き絵文字名を入力してください

私もたくさんのパワーをもらいました~おーっ ありがとうハート

辻井さん

「第13回バンクライバーン国際ピアノコンクール」 において、

日本人ピアニストの辻井伸行さんが見事、第1位を受賞しましたね。

おめでとうございます!!

 

彼は盲目であるが故に、世間やメディアは“盲目のピアニスト”と呼ぶ。

でも、彼自身、「盲目であることがハンデとは思わない」と言うように、

目が見えないのにあれだけピアノが弾けることが凄いのではなく、

彼自身が奏でる音色の美しさと、

研ぎ澄まされた感性、

音楽を心から楽しむ姿勢、

曲をよく理解した上での

その曲に一番相応しいナチュラルでシンプルな表現が、

何より素晴らしく、評価すべき点だと思うのです。

 

彼の音は、本当にキラキラと輝くように美しく、

そして音楽に対していつも誠実で純粋で率直で、

聴く人の心を惹き付けて離さない。

ただただ、その美しさに、涙が溢れて止まらない。

まるで人間が作り出したとは思えない、

壮大な大自然のような美しさがそこにはある。

 

ちなみに辻井さんと共に第1位を分け合った

中国人のピアニスト、Zhang Haochen(張昊辰)さんの演奏も

決して忘れてはならない。

彼のモーツァルトのコンチェルトを聴いた時、

「この人優勝するんじゃないかな?」って思った。

やはり魅力的な演奏をする人は、

たった数小節の音を聴くだけでわかります。

その演奏をずっと聴いていたいと思うかどうか。

 

このコンクールを通じて、

このような素晴らしいピアニスト達に出逢えたこと、

とても有難く、幸せに思いました。

 

コンクールの演奏は、ここ↓から見ることができます音符1

 http://www.cliburn.tv/#

 

フラワーアレンジメント その5

今月のアレンジメントは、こんな感じ~にこ

こちら

090606_193620.jpg 

フラダンスを踊っていま~すフラガール3♪

この人形は、初めからクネクネ曲がっているタンチョウというお花(?)に、

太めのカラーワイヤー紙粘土で作ったを付け、

紙製のリボン(?)を束ねて細かく裂いて作ったスカートをはかせています。

このタンチョウの曲がり具合が、いい味出してくれていますグー

 

友達の作品と並べてみると…

Image001@.jpg

まるでみんなで楽しそうにフラを踊っているようで、賑やかです音符

 

小道具を使って、こんな楽しいアレンジメントができるのね~pink1

ちなみに下のお花は、 アジサイあじさい と バラ薔薇(橙)

そろそろアジサイも見頃かな~。

帰り道の住宅街でも、もうだいぶ咲いていて、

憂鬱な雨を明るくしてくれるような 鮮やかで優しい色に、

ちょっと心が和みました~ハートありがとう

おまけ→090606_194120.jpg(余ったアジサイガクアジサイ*Amethyst(暗い背景用) †SbWebs†

 

プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。