演奏会報告

先日は、フィリアホールでの本番でした♪



久々に大好きな作曲家ブラームスの作品と向き合い、

ブラームスの重厚で温かみのある和音の響きや

奥深い音楽の世界にどっぷり浸る幸せな時間でした。



仕事の合間に練習をするので、

毎日1~2時間しか練習できなくて、

それが本当にもどかしくもあり、不安で…



でも逆に、時間がないからこそ、集中して練習することができたり、

効率的な練習ができたりするもので、

時間があればいいというものでもないのです。



年末頃から仕事もかなり忙しく、ほとんどオフがない日々だったのですが、

その中でしっかりと体調管理もしつつ、

本番までの日々を計画的に過ごすことができました。



本番直前では緊張していたのですが、

舞台に立った瞬間に不思議とスイッチが入り、

演奏中は最後まで集中力が途切れることなく、

楽しんで演奏することができました。



フィリアホールの響きやピアノの音色が本当に心地よく、

それもかなり演奏の助けになりました。



今回は時間が微妙だったので、

一部の方にしかご案内ができませんでしたが、

遠くからお越しくださった方もいて、

とても嬉しかったです。



また機会があれば是非聴きたいと言って下さる方もいて、

本当に有り難いことです。

これからも細々と演奏活動を続けていきたいと思っておりますので、

今後とも温かく見守っていただけましたら幸いです。








春なので桜ピンクのドレスでした~🌸
スポンサーサイト

連弾合わせ♪

発表会まで2ヶ月を切り、7月のレッスンもあと2回。



そろそろ連弾の合わせも始めています。



まだ譜読みが終わらない生徒さんもいますが…。



親御さんや私と連弾をする生徒さんは、

合わせに関してはそんなに心配ないのですが、

生徒さん同士や、ごきょうだいで弾く場合はちょっと心配…💦



連弾は、普段練習では聞こえない相手の音が、

合わせになって聞こえると、

自分の音や拍子が、急にわからなくなってしまいがち。



特に拍子がとれなくなると、

ずーっと1拍ずつずれたままとかで、

お互い気付かないで弾き続けちゃったりして。



お互いのテンポ感がちょっとでも違うと、

たとえ数えていたとしてもどこかでずれてしまったり、

もちろん、間違えて弾き直したりしたらもうアウト!!



初めから上手くいくわけはありませんが、

限られたレッスン回数の中でなんとかせねば…と思うと、

ソロ以上に熱のこもったレッスンになってしまい、

さらに人口密度も高いから、

私一人で汗だくになってます。笑



ま、ずれたらずれたで、それも微笑ましくて面白いんですけどね!




そして今回は、私の友人にも協力してもらい、

私と友人の連弾で、2曲演奏します。




当教室の発表会では、初のお披露目かな?


なかなかの迫力ですよ~☺



先日、初合わせをしたのですが、

テクニック的な面で、まだ二人とも苦戦中なもので、

タイミングを合わせるのが難しい。



しかし、いつものように爆笑しながらの楽しい合わせでした♪



この楽しさがお客様にも伝わるように、

さらに練習を重ねてまいりたいと思います!!



合わせ後のカフェタイム♪

やっぱり連弾が好き♪

GW中の本番。



友人との連弾で、

チャイコフスキー:くるみ割り人形より「花のワルツ」

を演奏しました♪



合わせの時から、

楽しくて楽しくて、

ちょっとしたことで爆笑しながら、

でも意外と難しくて。



くるみ割り人形は、

昔からよく弾く機会があったけど、

花のワルツは初めてだったので、

また連弾のレパートリーが増えて嬉しい。


いつか全曲通して弾こうかな❤







連弾は、

子供の頃から姉や友達や先生と、

何度か弾く機会を与えられていたので、

私にとっては身近な存在でした。



でも、ピアノをやっていても

そういう機会を与えられずにいる人もいます。



ピアノは一人で弾けるけど、

やっぱり誰かと一緒に演奏する楽しさや、

音を通じて心が一つになる瞬間のあの感覚は、

何とも言えない。



だから私は、

生徒さんたちにもなるべく連弾の機会を与えたいと思っています。



ピアノだけでできる無限の可能性を知ってほしいから、

だから発表会も、

あえてピアノだけで勝負したい。



歌ったり、他の楽器を使ったり、

逃げ道はいくらでもあるけれど。

私はピアノが好きすぎて、

伝えたいことがありすぎて、

だからピアノでしか伝えられないんです。



「ピアノだけじゃつまらない」って言う人もいるけれど、

そんな人を黙らせられるくらい、

ピアノの魅力を伝えられるように、

日々、精進。。。



この日の演奏後、客席から「すげー!!」って声が

聞こえたような…笑


それまでと空気が変わって、

シーンとした後のあの拍手に、

手応えを感じました。



彼女とはまた発表会で共演します♪


また新たなレパートリーに挑戦中。


わくわく((o(^∇^)o))



4月の演奏会のご報告

またまたご無沙汰してしまいました。

4月のみなとみらいホールでの演奏会からあっという間に時が経ち、大変遅くなってしまいましたが、改めて感謝を込めてご報告させて頂きます。 


p1_convert_20130827023433.jpg 


今回の演奏会は、昭和音楽大学ピアノ演奏家コース同期の仲間4人との、2組のデュオによる2台ピアノでの演奏でした。

前半は、サン=サーンス:動物の謝肉祭、ラヴェル:マ・メール・ロワ、後半は、ラフマニノフ:組曲 第2番Op.17、ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲、ビゼー(アンダーソン&ロー編曲):カルメンファンタジー というプログラム。

私は、ラヴェルとラフマニノフを演奏致しました。


みなとみらいホールは大変響きの良いホールなので、気持ち良く演奏できる半面、音量のコントロールやバランスを考えるのがとても難しく、またSteinwayの2台のピアノの重さと響きの違いに戸惑う4人…。リハーサルを入念に行いながらも、この大舞台で演奏することの現実に、今さら怖気づいて、珍しく緊張しまくりの私。

ラヴェルは音が少ない分、体力的にはラクですが、音色の変化や響きにとても気を遣いました。でもあの独特の物語の世界が大好きで、色々なことを想像しながら弾くのが楽しかったです。

ラフマニノフは対照的に音が非常に多くて、体力は勿論のこと、いかに集中力を保って最後まで弾き切ることができるか、が課題。練習でもギリギリの体力なのに、リハから全力で弾きまくっていた私は、タランテラの最後の方は本当に息切れ状態でした…。途中、何度も逃げ出したくなるようなことがありましたが、大好きなロマンスやタランテラでは、ラフマニノフの音楽の素晴らしさに改めて感動し、本来の自分を取り戻すことができました。

100%の演奏には程遠かったけれど、聴いて下さるお客様の存在が私に力をくれ、あのような精神状態の中で最後まで弾き切ることができたのは、本当に奇跡というか…温かな拍手に迎えられて演奏できたことが何より嬉しく、本当にお客様には感謝です!!

平日の夜ということもあって、お仕事帰りに遠くから駆け付けて下さった方も多く、皆様のそのお気持ちが本当に嬉しかったです。こうして私たちが演奏活動を続けていることを、心から喜んで下さり、労いの言葉をかけて下さった先生方や大学の同級生たち。そして、いつも近くで応援してくれる大切な友人たちや家族。終演後、お越しくださった皆様にお会いし、笑顔で祝福して頂いたあの時間、私は本当に幸せでした♡


デュオとしてまだまだ経験の浅い私は、今回の演奏会を通して様々な問題に直面し、デュオとしてのあり方や音楽のとらえ方について、深く深く考えさせられました。大学を卒業して10年が経ち、またこのような形で一緒に音楽ができたことは、とてもとても意味のあることで、それぞれの音楽に対する真摯な想いをぶつけ合い、語り合えた時間は、本当に充実感に満ち溢れていました。


今私が音楽を続けていられることは、決して自分の力だけではなくて、支えてくれる家族や応援してくれる友人知人、そしてここまで導いて下さった先生方など、本当に沢山の方々のおかげであること、いつも心に感じています。だから私はどんなに辛くても、大好きな音楽を続けていけるのです。いつもいつも本当にありがとうございます。そしてこれからもどうかよろしくお願い致します。




 
↑ リハーサル風景




fc2_2013-08-26_17-50-21-860.jpg 
↑ 終演後、メンバーと。




fc2_2013-08-26_18-24-52-684.jpg 
↑ 皆様から頂いた抱えきれないほどのお花束。



fc2_2013-08-26_18-26-00-990.jpg 
↑ 可愛い生徒ちゃんが描いてくれた絵。そっくり~♡ありがとう!!


2台ピアノコンサートのお知らせ♪

大変ご無沙汰してしまいました。

前回のコンサートに引き続き、今度は2台ピアノでのデュオコンサートに出演致します。

ギリギリでのお知らせとなってしまいましたが、、、4月18日(木)19:00~ みなとみらいホール 小ホール です。そう、今週です!!

今回は、東北に住む大学同期のデュオも出演してくれることになり、「2組のデュオによる 2台ピアノの響宴」と題して、オール2台ピアノプログラムで構成。

大学を卒業して10年という年月を経て、それぞれがこれまでに積み上げてきたものを再び同じ舞台で共有できることは、とても感慨深いものがあります。

当時から、このような日が来ることを夢見ていたけれど、進学や留学、そして就職や結婚、住む場所の違いなどで、会うことすらままならないという現実…。簡単に実現できることではありませんでした。

それでも、気持ちさえあればいつか必ず形にできる日が来ると信じてきたからこそ、今やっとそれに相応しい時期が来たのだと思っています。

そんなわけで…

平日の夜ですが、お時間ございましたら是非ご来場頂けると嬉しいです。チケットは前日までみなとみらいホールチケットセンター窓口で扱っております。また私にご連絡頂ければお取り置き致します。当日券もありますので、急にお時間ができた場合でも是非足を運んでみてくださいませ。

沢山の方のお越しを心よりお待ちしております!!

どうぞよろしくお願い致します。 


表    裏


ありがとうございました♪

ご報告が遅くなりましたが、11月11日(日)のコンサート、おかげさまで無事に終了いたしました。


沢山の方にお越し頂きまして、心より感謝申し上げます。


当日は、とても温かい雰囲気の中、程良い緊張感と集中力を保ちながら、とても気持ち良く演奏することができました。

曲数が多く、正直、体力的に最後まで弾き切ることができるのだろうか…という不安もありましたが、終わってみれば本当にあっという間で、後半の方では弾きながら、「あ~、もうすぐ終わっちゃう…」と若干寂しい気持ちにさえなっていたほどです。




ピアノはSteinwayのフルコンでした。



DSC01616_convert_20121117192120.jpg 

リハーサル中。

 

DSC01609_convert_20121117200405.jpg

演奏後、二人で…♡



演奏終了後には、沢山の友人や先生、先輩、そして生徒たちにお会いすることができ、嬉しい感想を頂き、またみんなの笑顔にホッと癒されました。中にはサプライズで来てくれた大親友もいて、本当に驚くと同時に、さすが私の大親友~!!と、改めてその愛に心からの幸せを感じました♡


また、沢山の綺麗なお花束や素敵なプレゼント、そしてお手紙を頂戴し、皆様の温かなお心遣いに心からの感謝の気持ちでいっぱいです。


貴重なお時間を割いていらしてくださるだけで私にとっては充分な幸せなのに…。


今も、この沢山のお花たちとプレゼントに囲まれて、幸せ気分が続いております♡


本当にありがとうございました!!



 


実は、今回の演奏会場が決まったのが、3ヶ月前の8月のことでした。

なかなか会場が決まらず、諦めかけていたときに奇跡的にとれたホールでした。

通常はホールの抽選は半年~1年前というところが多いため、わりとのんびり構えていた私たち…。

ホールがとれたことは嬉しいことなのに、まだプログラムもほとんど考えていなかった私たちはかなり焦り、それから一週間ほどでなんとかプログラムも決まり、やっと練習がスタート。

それからの私は、フォーレの譜読みに苦戦し、久々に「理解できない音楽」に挫けそうになり、ドビュッシーの合わせに手こずり、また仕事の忙しさやプライベートのゴタゴタでボロボロになったり…。

本当に苦しい3ヶ月間でした。



11月に入ってからも、準備や練習が全然追いついておらず、焦りと不安の日々を送る中で、当日を楽しみにして下さっている方からの激励のメッセージを沢山頂戴し、また予定があって来られない方からも心温まる応援のメッセージを頂きました。

危うく自分を見失いかけていた私にとって、それがどれほど心に沁み、支えになったことか…。

そして、日を追うごとに増える皆さんの温かい励ましに勇気を貰い、言葉にし尽くせないほどの感謝の思いを胸に、当日を迎えることができました。




 

演奏会の数日前に生徒のお母様が作ってくださったお花束。





演奏会に来られなかった生徒たちからのお手紙とプレゼント。



自分が思っている以上に、こんなにも沢山の方に応援して頂けているということ…本当に私は幸せ者です。


昔から、私の周りには、優しくて愛に溢れた素敵な人たちが沢山いてくれて、私をいつも笑顔にしてくれ、何かあるといつも誰かが私を救ってくれている気がします。


沢山の人に支えられて、今の自分が在ることを改めて感じています。




心を込めて、、、本当にありがとうございました。

コンサートのお知らせ♪

すっかり秋の空気になりましたね

相変わらずのバタバタな日々で、皆様にお知らせをするのが遅くなってしまいましたが…


11月11日(日)14:00~ 横浜美術館レクチャーホールにて、コンサートをすることになりました。

大学同期の友人とのPiano duoで、連弾が中心となりますが、ソロも少しだけ演奏致します。

お時間のある方、是非いらして頂けましたら嬉しいです。


プログラムは、


フォーレ:ドリー組曲

ドビュッシー:小組曲

リムスキー=コルサコフ:シェヘラザード・メドレー

チャイコフスキー:眠れる森の美女


他、ソロ4曲ほどです。


前半がフランス音楽、そして後半がロシア音楽でまとめてみました。

どの曲も連弾のレパートリーとして重要な曲であり、また音楽的にもとても奥深く、良い勉強になります。特に最後の「眠れる森の美女」は、一年以上前から温めてきた思い入れのある曲。私にとって、子供の頃からよく聴いていた耳馴染みのある大好きな曲であり、またラフマニノフの編曲ということもあって大変弾き応えのある曲です。


ソロで弾くのも大好きですが、連弾もまた違った魅力があってとても楽しいものです。素晴らしい音楽を皆様にお伝えすることはもちろんですが、私たちが楽しんで演奏することによって、きっとお客様にも楽しい時間をお過ごし頂けるのではないかと思っております。

そんな素敵な時間を共有することができましたら幸いです。


チケットは、一般2,000円 小学生以下1,000円(3歳未満入場不可)です。

お問合せやチケットのご予約は、 concert_am@yahoo.co.jp へお願い致します。


今のところチケット枚数には余裕がございますので、当日フラッとお立ち寄り頂いてもお入り頂けると思います!!是非お気軽に聴きにいらしてみてくださいね♪

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


チラシも良かったらご覧くださいませ。 (クリックすると拡大します)

img062.jpg   

今年も!

GW中に丸の内で開催されるイベント、ラ・フォル・ジュルネ。今年も最終日の昨日、行ってきました♪

今年はロシア音楽がテーマで、大好きなラフマニノフやチャイコフスキーなど、聴きどころが盛り沢山!!

初めて公演2本ハシゴしちゃいました




公演の数日前になって、聴く予定だった公演の出演者の一人、ブリジット・エンゲラーさんが急病のため出演できなくなったことを知りました。

ボリス・ベレゾフスキーさんとの2台ピアノの共演をとても楽しみにしていたので、本当に残念…

急遽、クレール・デゼールさんとの共演でラフマニノフ:2台ピアノのための組曲第1番「幻想的絵画」と、スクリャービンやメトネルのソロにプログラム変更となりました。

それぞれのソロもとても素晴らしく、なかなか聴けない2台ピアノも聴くことができたのは良かったのですが、せっかく苦労してチケットをとったのに…やはり心残りです。。。

それより、エンゲラーさんのご無事とご回復を心よりお祈りすると共に、またいつかの機会があることを願いたいと思います


そしてそして、2本目は予定通り(笑)、広瀬悦子&シャニ・ディリュカのデュオ(1台4手ピアノ連弾)を聴きました。

曲は、リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」。

原曲はオーケストラなのですが、連弾版で聴くのは初めてだったので、どんなアレンジなのかすごくワクワクしていました♪

ピアノでも全く違和感がないほどの素晴らしいアレンジで、派手な華やかさもあり、繊細な美しさもあり、とても素敵でした

楽譜が日本で手に入るか微妙ですが、いつか弾いてみたいな~と思います

ラ・フォル・ジュルネでは珍しいことに、アンコールにも応えて下さって、ブラームスのハンガリー舞曲第4番(大好きなんです!)まで聴くことができてラッキー

広瀬さん、とても素敵な方でした




来年はフランス&スペイン音楽がテーマだそうです!



公演の合間には、丸ビルでチャイコフスキーの展覧会を見たり、カフェでお茶したり、短時間で慌ただしくも充実したひとときでした

素敵な発表会♪

GW、皆様いかがお過ごしでしょうか?

教室は4/28~5/7までお休みを頂きまして、私は10連休という贅沢なGWを過ごしております


先日は、ピアノ講師仲間の発表会へ足を運んでまいりました

どの生徒さんも頑張っているのはもちろんですが、なんといっても “音楽の質が高い” ことに、とても感心しました。

技術的なテクニックだけではなく、音楽を心で感じ、どう弾きたいかを自分自身で考え、そしてそれを伝えようとする…そんな風に音楽の本質の部分と向き合って練習やレッスンをされているのが、とてもよくわかりました。

やはり音楽というのは、「音楽する」ことであって、単なる音の羅列だったり間違えないで弾くことではない。そういう本当の意味での音楽というものを、小さな子供でもきちんと理解して演奏しているように感じました。

先生の音楽に対する姿勢だとか思いというのは、きちんと伝わるんだな~

本当に素敵な発表会でした


実はご縁があって私の高校時代の親友の子供がそのピアノ教室へ通うことになり、ご挨拶がてら3人で一緒に行ったので、その親友親子ともそんな素敵な時間を共有できたこと、幸せでした


音楽の素晴らしさを理解してくれる仲間が周りにいるというだけで、私は本当に幸せ者です


そして、美味しいものも、ね…(笑)

緊急地震速報?!

今日、ある生徒が突如弾いてくれた音楽(音)に、爆笑してしまった私…。

とっても耳がよくて、色々な音楽に興味を持ち、オーケストラの曲なんかも耳コピしてピアノで弾いてしまう男の子。

今日も、チャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトのソロパートをサラサラッと弾いてくれて、すごいなぁ~と思いながらお母様とお喋りしていたら。。。

…ん???

一瞬、何が起こったのか分からずフリーズしてしまったのですが、何やら子供がニヤけている。

はっっっっっ!!!!!

そして、爆笑。


TVで流れる緊急地震速報の、まさにあの音でした。

あの短い不協和音を聞きとれるとは、すごい!!しかもそれをピアノで弾いてみようと思うことが、おもしろい!!

完全にツボでした…(笑)

にしても、シュールだなぁ~。



そして、さっきYouTubeで見つけた、さらにシュールな緊急地震速報!!


「もしも緊急地震速報がオーケストラだったら」



緊急地震速報っていう先入観があるから、なんだか可笑しくなっちゃうのですが、普通に管弦楽曲として素晴らしい作品に仕上がっていると思いました。

緊急地震速報の音で笑ってしまうなんて、不謹慎だと思われるかもしれませんが…(汗)

音楽家なんて、みんなこんなもんです。こうやって、いろんな音で日々遊んでいるんです!!(笑)
プロフィール

mika

Author:mika
横浜市内でピアノ教室を主宰。
演奏の仕事にも携わり、音楽を通じて癒しと感動をお届けしています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

今日の音楽記号

*製作者ブログ*
クラシック演奏会
ブログで世界旅行(世界遺産編)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード